2014年06月14日

本稽古開始!

いよいよ第5回トゥルースシェル・プロデュース公演、「箱舟の行末」の本稽古が始まる!

この時をどのくらい待ったのでしょうか…。

去年の夏から企画の話を進め、二度の延期を経て、ようやくスタートしたのだ。

主宰としても、制作としても、役者としても至らない部分は多々あります。

が、この舞台が必ずよくなるという信念だけは、持って進むのです。

暑い夏に暑苦しいけど、愛を込めて、挑もうと思います!
posted by たいき at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月21日

第5回トゥルースシェル・プロデュース公演「箱舟の行末」。

私達はなんの為に生まれ、なんの為に生きる? なんの為にこの世界はある? それを考えられることだけでも…人間とは、素晴らしい…!

最終.jpg

第5回トゥルースシェル・プロデュース公演

「箱舟の行末」

作:真貝大樹

演出:高橋和久



日程

2014年7月17日〜7月21日(全8ステージ予定)

7月17日(木)  19:00(開演 以下同)
7月18日(金)  14:00  19:00
7月19日(土)  14:00  19:00
7月20日(日)  14:00  19:00
7月21日(月・祝)  14:00(開場は開演の30分前)

携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] クレジットカード比較
出勤簿ダウンロード
SRグループ
レンタルドレス

劇場

すみだパークスタジオ(倉)

すみだパーク地図.jpg
(東京都墨田区横川1−1−10 03-3625-4640)

JR錦糸町駅(北口)より徒歩12分
東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅(3番出口)より徒歩13分
東武伊勢崎線 業平橋駅より徒歩12分
都営浅草線 本所吾妻橋駅(A2出口)より徒歩13分
押上駅=半蔵門線・東武線B2出口より徒歩15分/
都営浅草線・京成線A2出口より徒歩14分。

チケット料金(予定)

前売り券:3,800円 当日券:4,000円

(日時指定、全席自由、税込)

当日受付は開場の30分前。

前売り開始日

2014年5月12日(月)


キャスト

北村泰助
瀬下智子
逢川大樹
菊地真之  グルー
由利尚子  芸映
モリタモリオ
永野和宏  劇団新人会
有木敬介
灘波愛   月の石
前野強
荒井ハンパ VIVIT
野中理絵
柴田博史  リベルタ
矢島かえ   劇団黒胡椒
菰田望
今井裕樹
吉村信哉
矢谷加織  PAPALUWA
植田恭司

井上倫宏  演劇集団 円



スタッフ

作:真貝大樹
演出:高橋和久
美術:大津英輔+鴉屋
照明:竹内右史(Lighting Design Office Bamboo)
音響:三木大樹(泣uリーズ)
衣装:たかひらみく
音楽:西本康佑(ALL GREEN STUDIO)
殺陣:藤田健次郎(STUNT JAPAN)
ステージング・アドバイザー:古賀豊
振付アドバイザー:須ア美穂
歌唱指導:鈴木Muzzi(VOXRAY)
宣伝美術:小林モトハル(劇団ハイデンカン)
動画:青山敏之・青山桃実
舞台監督:弘光哲也
制作:市村彩子(劇団ハイデンカン)・安延洋美
企画:トゥルースシェル・プロデュース



あらすじ

ユミ。僕はね、今、大海原に船出したんだ。新しい大陸を見つける、まるで冒険だよ!

病気で退職を余儀なくされた中年のヒロは、若い頃からの夢だった作家を目指すのだが…。
大事な物は、すべて箱舟に詰めて。過去と未来!! 妄想と現実?!
例え世界が終わっても、それでも人間は素晴らしい…。
トゥルースシェルが2年振りに放つ、大いなる(?)人間賛歌!!

お問い合わせ

Tel:090-7635―6016
E-mail:truthshellark@yahoo.co.jp
担当:真貝(しんかい)
http://aikawataiki.from.tv/akt/POSTMAIL/postmail.html
(お問い合わせフォーム)

裏.jpg

二度の公演延期を経て、ようやく情報を公開することができました。
今年の夏は、すみだパークスタジオへ!

2014年01月01日

あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。
posted by たいき at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月09日

トゥルースシェル・プロデュース:公演延期のお知らせ。

トゥルースシェル・プロデュース公演「箱舟の行末」でご報告です。

来年2月に予定しておりました今公演でしたが、諸事情により7月に延期となりました。

関係者の方々には、多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

主宰としましては、準備に時間をかけ、より良い舞台とすべく奮起する所存でございます。

今後とも、何卒よろしくお願い致します。

2013年11月14日

「紙屋悦子の青春」終了!

出演していた舞台、「紙屋悦子の青春」が無事終了致しました!

とても好評だったので、キャストとしても感無量です。

ご来場のお客様、誠に、誠にありがとうございました!!

次は来年2月のトゥルースシェル・プロデュース公演だ!


紙屋悦子の青春.jpeg
posted by たいき at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月22日

舞台出演中!

僕が今出演している、せんがわ劇場公演「紙屋悦子の青春」の初日が無事開きました!

初日のカーテンコールは異例のアンコールがかかり、手応えを感じてます。

11月12日まで毎週火曜日上演しているので、ご興味のある方は是非、ご来場ください!

29日の昼公演は売り切れ間近なようです。

詳細は↓
http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/09904.html
posted by たいき at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月01日

「紙屋悦子の青春」に出演します!

逢川大樹として一年振りに舞台に立ちます!

せんがわシアター121 vol.2

「紙屋悦子の青春」

作/松田 正隆
演出/越光 照文

劇場/調布市せんがわ劇場(東京都調布市仙川町1-21-5)

map.gif

日時(2013年)
10月18日(金)19:30
10月22日(火)19:30
10月29日(火)14:00
11月 5日(火)19:30
11月12日(火)19:30(全5ステージ)

チケット料金
一般2,000円(市民、学生、ハンディキャップ割引有り 詳細は公式HPでご確認ください)

前売り開始/9月7日(土)10:00より

せんがわ劇場HPチケットサービス
http://sengawa-gekijo.jp/ticket/
03-3300-0611

キャスト
紙屋安忠(悦子の兄)  逢川 大樹
紙屋ふさ(安忠の妻)  横山 晃子
紙屋悦子         福島 梓
明石少尉         吉田 朋弘
永与長政         菊地 真之
妻(老 悦子)       山岡 希美子
夫(老 長政)       伊東 達広

スタッフ
美術/寺田 真理
音楽/松ヶ下 宏之
照明/森脇 清治
音響/宮沢 正光
衣裳/北川 妙子
舞台監督/廻 博之(方言指導)・星野 真広
技術スタッフ/(株)東京舞台照明(長澤 匠・功刀 学・高木 辰也)
監修/末永 明彦
制作/調布市せんがわ劇場演劇事業実行委員会
<調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業>

あらすじ
昭和20年3月。終戦間際の鹿児島で、兄夫婦とつつましく暮らす紙屋悦子に縁談の話が持ち上がる。
しかし、相手は悦子が密かに想いを寄せる特攻隊志願兵、明石少尉の親友であり、ゼロ戦整備士でもある永与少尉だった…。
運命に翻弄され、それでもひた向きに生きた一人の女性の物語!
2006年、永瀬正敏・原田知世主演で映画化!!

公式HP:http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/09904.html


08年のせんがわ劇場オープニングセレモニー「見よ、飛行機の高く飛べるを」でお世話になりました、恩師越光照文先生と再びせんがわ劇場(こちらも11年の震災時に大変お世話になりました!)で思い出の作品、「紙屋悦子の青春」を上演致します!
初演はまだ学生の頃。
それからあらゆる集団、劇場で再演を重ねることとなるこの名作を、初めて東京で紹介したのが越光先生でした。
その当時は明石少尉を演じさせていただきましたが、この度はヒロイン紙屋悦子の兄で紙屋家の家長、安忠を演じさせていただきます。
黒木和雄監督の遺作となった映画版では、小林薫さんが演じておりました。
今公演では初演の長崎弁の設定を、一部鹿児島弁に変更して取り組んでおります。
是非、ご来場ください!!
posted by たいき at 15:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 宣伝

2013年08月29日

トゥルースシェル・プロデュース ワークショップのご案内。

2014年7月17日〜7月21日に上演される、トゥルースシェル・プロデュースの本公演「箱舟の行末(仮)」に向けて、オーディションを兼ねたワークショップを開催します!

参加条件:不問。稽古、公演期間に参加できる心身共に健康な方。

講師:高橋和久(前回公演「無貌の漂流」演出家)
   真貝大樹(トゥルースシェル・プロデュース主宰)

期間:1月18日(土)から隔週で週末一回。6月公演稽古開始まで。

費用:初期参加費2,000円。以後一回1,000円。

場所:新宿区内。

コンテンポラリー・ダンスの手法も取り入れた、インプロビゼーション(緊張、緩和、即興)の実践や、主宰真貝大樹の戯曲の読み合わせ、立ち稽古、劇的空間を構築していくためのブレインストーミングなど、上演を前提とした演劇表現を模索、追求していきます。

トゥルースシェル・プロデュース概要・軌跡
トゥルースシェル・プロデュースとは、主宰真貝大樹が立ち上げた、演劇活動体です。表現、公演形態など、柔軟で幅の広い表現活動を目指し、演劇における今日的なテーマを追求していきます。
旗揚げから4年目。
全公演、主宰真貝大樹の書き下ろし作品を上演。
09年「COLORS 〜バトルエレジー・ビクトレンジャー〜」
11年「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」
11年「NIGHTDREAMER 〜コミックヒーローの夜明け〜」
12年「無貌の漂流」

講師:高橋和久(演出家プロフィール)
前回公演「無貌の漂流」で演出を担当。横浜ボートシアターで約十年間中心的なメンバーとして活動。シンガポールでの初舞台以降、ヨーロッパをはじめ国内外で公演を行う。故塩屋俊監督の遺作となった「HIKOBAE2013」では、監督のサポートをしながら出演し共同で演出を行う。

「箱舟の行末(仮)」概要
本番期間:2014年7月17日(木)〜7月21日(月)
劇場:すみだパークスタジオ(倉)
作:真貝大樹
演出:高橋和久
出演:逢川大樹、瀬下智子、菊地真之、北村泰助、他
出演条件:公演は30枚ほどのチケットノルマを予定しております。チケットバック有り。

あらすじ(予定)
紀元前3世紀頃。戦乱の中国大陸。引き裂かれた息子との絆を取り戻すため奔走する遊牧民の母親、レイ。やがて息子に纏わるある計画を知ったレイは…。
2014年現在。幼馴染のアキとヒロは別の会社に勤めるサラリーマン。通勤中のホームでたまに会っては他愛のない話をする仲だったが、アキはヒロの異変に気づく…。
23世紀。宇宙に飛び出した人類達。テラフォーミング(地球化)計画に失敗した火星で、ノマは過酷でも慎ましく穏やかな生活に満足していた。そこに地球での反政府運動の仲間だったレナがやってきて…。
星と星、時間と時間の間で起きる、自由を求める人々の悠久の物語!

連絡先:090-7635-6016(真貝)
プロフィールなどはこちらへお願いします。

truthshellproduce@gmail.com

トゥルースシェル・プロデュース主宰:真貝大樹(シンカイタイキ)

2013年07月31日

kapiプロデュース公演終了!

プロデュース公演、無事終了致しました!

ご来場の皆様、そしてキャストにスタッフの方々、ありがとうございました。

お疲れ様です!

また作品解説なんかチラチラやってくかもしれません。
posted by たいき at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月26日

いよいよ…。

僕が作・演出をしているkapiプロデュース公演「赤いキツネと緑のタヌキは…」、初日の幕がいよいよ開きます!

春頃からずぅーっとどうすればいい!と悩み続けてきた今公演も、お二人の女優、もりちえ、りんちゃんのお力で良い作品となりました!

ドキドキする反面、明日からの本番が楽しみでもあります。

いやーしかし、客席で自分の演出作品を見るの、実は初めてなんだよなー。

しかも今回は他の方の作品の演出もやっとります。

しかしかし!

もりちえとりんちゃんなら、やってくれると信じております。

ご興味のある方、ご一報くださるか、是非ご来場ください!

真貝大樹、渾身の短編集で御座います!!

http://aikawataiki.sblo.jp/article/69803190.html(ブログ内記事)
http://www4.hp-ez.com/hp/kapipro/page1(公式HP)

よろしくお願い致します!!!
posted by たいき at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記