2015年05月03日

トゥルースシェル番外プロデュース「外道の矜持」「オールトの雲を超えて」

来月、初めての番外公演で、短編を2本上演します!

トゥルースシェル番外プロデュース公演

番外公演チラシ.jpg

「外道の矜持」

「オールトの雲を超えて」


劇場

シアター・ノア(東京都新宿区四谷4-9 四谷エントランス・ノアビル)

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅より徒歩3分
各線「新宿」駅より徒歩15分


日時(2015年)
※誠に勝手ながら、開演時間を変更させていただきました。
何卒、よろしくお願い致します。


6月22日(月)  20:00(開演 以下同)
6月23日(火)  13:00/16:00/20:00
6月24日(水)  14:00/17:00(開場は開演の20分前)

※当日受付は開演の30分前となります。(全6ステージ)


チケット料金

前売り、当日券共通:2,000円(日時指定、全席自由、税込)


前売り開始日時

2015年5月21日(木)10:00


キャスト

「外道の矜持」

荒井ハンパ
逢川大樹

「オールトの雲を超えて」

米山剛
有木敬介
日野清美


スタッフ

作/演出:真貝大樹
制作:市村彩子
照明:赤石諭
音響:真路実
舞台監督:真貝大樹
企画:トゥルースシェル・プロデュース&荒井英之


あらすじ

「外道の矜持」
友達を助けて! ことの始まりは少女の依頼。
名前はアキラ。十二歳。男の子みたいな名前。
売春組織に捕われた少女を救うため、探偵と刑事、二人の男が奔走する!
 2013年、kapiプロデュースに書き下ろして好評を博した、女優二人芝居の男バージョン。
語り≠フみで舞台化困難な世界観を表現!

「オールトの雲を超えて」
青年はいつも空を見上げていた。ブラック企業に勤めるヒロとアキは、明日を求めてもがくのだが…。
改稿前の「箱舟の行末」の現代パートに谷川俊太郎の詩を絡め、若者達の青春と成長、そして命の儚さと尊さを描いた好短編として甦らせます!

「外道の矜持」は男バージョンということで、設定やセリフを結構変えました!
ただ、ハンパ君がセリフを憶えられなかったらかなり削られていきます。(笑)

「オールトの雲を超えて」は、ほとんど別の話だった「箱舟の行末」の第一稿の現代パートをリライトして、まったく新規の短編に生まれ変わりました。
本公演では中年で、若年性認知症となるヒロ、その妻ユミ、そして親友のアキのもう一つの物語が瑞々しく、切なく語られる予定です。(笑)
是非、ご来場くださいませ!!

2015年04月26日

四十路。

本日で私も四十路。
もう人生の折り返し地点かぁ。
ホント、時の流れは早い。
あ、6月に小さな舞台企画してます。
詳細は近日発表します!
posted by たいき at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月19日

舞台「龍馬奇譚」に出演します!

今年最初の舞台に出演致します!!

ENGEKI GENE旗揚げ公演

「龍馬奇譚」
『 龍 馬 奇 譚 』チラシデータ表 - HP用.jpg

劇場/萬劇場(豊島区北大塚2−32−22)

萬劇場MAP.jpg
JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分
都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分


日時(2015年)
4月1日(水)19:00
4月2日(木)14:00/19:00
4月3日(金)14:00/19:00
4月4日(土)13:00/17:00
4月5日(日)13:00
(全8ステージ)


チケット料金

前売り:3,800円 当日:4,000円

☆豊島区在住・在勤の方、先着20名様に限りとってもお得なチケット割引をします!
詳しくは以下のURLをご覧下さい。
http://yorozu-s.sub.jp/blog/info/地元割!/


前売り開始日時

2015年2月24日(火)10:00
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=63322

キャスト

高橋和久(俳協)
逢川大樹(トゥルースシェル・プロデュース)
瀬下智子
篠原辰也
菊地真之(グルー)
由利尚子(芸映)
野中理絵
前野強
灘波愛(月の石)
有木敬介
矢島かえ(劇団黒胡椒)
今井祐樹
大倉良介(オフィス コマチ)
島田克視
北村泰助(ENGEKI GENE) 


スタッフ

作/演出:北村泰助
美術:大津英輔+鴉屋
照明:片山通子(ASG)
音楽:大沼弘基
音響:楠瀬ゆず子
衣装:明神杏奈(BQMAP)
殺陣:藤田けん(STUNT JAPAN)
振付:斎藤えり
ステージング:須ア美穂
ヘアーメイク:茂木美緒
宣伝デザイン:大友楽
演出助手:大倉良介
舞台監督:弘光哲也
制作:十万亜紀子・喜友名織江
企画:ENGEKI GENE


あらすじ

激動の幕末。土佐藩のとある村で起きた侍たちの諍いに、あの英雄が巻き込まれるのだが…。
身分社会に翻弄される人々の、幕末人情物語!
僕は村の顔役、前河原の与吉役を演じます。

年末、ブログでチラッと触れた、「箱舟の行末」の主演を務めてもらった盟友北村君の処女作、そして旗揚げ企画に参加します。
幕末物ですが、荒唐無稽なエンターテイメント作品になりそうです!
是非、ご来場くださいませ!!

『 龍 馬 奇 譚 』チラシデータ裏 - HP用.jpg/span>
posted by たいき at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝

2015年01月01日

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
今年も何卒、よろしくお願いします!!

真貝大樹
posted by たいき at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月31日

今年も…。

今年も後少し…。

今年は舞台を三本やって、それぞれ充実したものになったと思います。
7月の我がトゥルースシェル・プロデュース公演「箱舟の行末」も成功に終わり、11月もおもしろい役で、コメディとしてうまくいった。
12月の「紙谷悦子の青春」の再演も、成功した初演のプレッシャーを跳ね返せたと思う。

来年は4月1日〜5日に、盟友北村泰助主宰のENGEKIGENE旗揚げ公演「龍馬奇譚」が待っている。
こちらも是非、成功させて来年の勢いをつけたいところだ。
そしてなんとか新作を書くぞ!

ということで、来年もよろしくお願いします!
posted by たいき at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月18日

「紙屋悦子の青春」、再演します!

つばめ組公演「プラザ・スイート」、無事に終了致しました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました!
さて、今年最後の舞台となりますが、また「紙屋悦子の青春」に出演致します!!

せんがわシアター121 vol.4

「紙屋悦子の青春」

作/松田 正隆
演出/越光 照文

劇場/調布市せんがわ劇場(東京都調布市仙川町1-21-5)

map.gif

日時(2014年)
12月4日(木)19:30※
12月5日(金)20:00
12月6日(土)14:00/19:30
12月7日(日)14:00
(全5ステージ)

チケット料金
一般2,000円(市民、学生、ハンディキャップ割引有り 詳細は公式HPでご確認ください)
※初日割引(4日)1,800円

せんがわ劇場HPチケットサービス
http://sengawa-gekijo.jp/ticket/
03-3300-0611

キャスト
紙屋安忠(悦子の兄)  逢川 大樹
紙屋ふさ(安忠の妻)  横山 晃子
紙屋悦子        福島 梓
明石少尉        大島 大次郎(劇団昴)
永与長政        田中 考宗(劇団俳優座)
妻(老 悦子)      山岡 希美子
夫(老 長政)      伊東 達広(劇団俳優座)

スタッフ
美術/寺田 真理
音楽/松ヶ下 宏之
照明/森脇 清治
音響/宮沢 正光
衣裳/北川 妙子
舞台監督/廻 博之(方言指導)
照明操作/関 定己
イラストデザイン/留守 晃
監修/末永 明彦
制作/調布市せんがわ劇場演劇事業実行委員会
<調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業>

あらすじ
昭和20年3月。終戦間際の鹿児島で、兄夫婦とつつましく暮らす紙屋悦子に縁談の話が持ち上がる。
しかし、相手は悦子が密かに想いを寄せる明石少尉の親友、永与少尉だった…。
時代に翻弄され、それでもひた向きに生きた一人の女性と家族、そして男達の物語!
2006年、永瀬正敏・原田知世主演で映画化!!

公式HP:http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/09904.html


去年、大好評をいただいた「紙屋悦子の青春」の再演決定!
初演はまだ学生の頃。
それからあらゆる集団、劇場で再演を重ねることとなるこの名作を、初めて東京で紹介したのが越光先生でした。
その当時は明石少尉を演じさせていただきましたが、この度はヒロイン紙屋悦子の兄で紙屋家の家長、安忠を演じさせていただきます。
黒木和雄監督の遺作となった映画版では、小林薫さんが演じておりました。
今公演でも原作の長崎弁の設定を、鹿児島弁に変更して取り組んでおります。
是非、ご来場くださいませ!!
posted by たいき at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝

2014年10月18日

劇団つばめ組「プラザ・スイート」に出演します!

劇団つばめ組第11回公演
「プラザ・スイート」


作:ニール・サイモン
翻訳:酒井洋子
演出:仲条裕

キャスト:
堀越健次
荒川ヒロ子
ふしみ士郎
石川久美子
岡本あざみ
灘波愛(月の石)
逢川 大樹(トゥルースシェル・プロデュース)

スタッフ:
舞台美術:石倉研史郎
照明:HirokaDenzy
衣裳:さりー
音響:areya.
制作:高山典子

日時:2014年11月13日(木)〜16日(日)
13日(木)19時
14日(金)19時
15日(土)14時/18時
16日(日)14時

場所:参宮橋トランスミッション
(東京都渋谷区代々木4ー50ー8)

料金:前売り3,500円 当日4,000円(ワンドリンク付き)

劇団つばめ組公演、「プラザ・スイート」に出演します。
あのコメディーの巨匠、ニール・サイモンの初期の名作です。
僕は3幕オムニバス作品の2幕目「ハリウッドの客」で、映画プロデューサーのジェス・キプリンガー役を演じます。
ハリウッドで成功したジェスは高級ホテル、プラザ・スイートにハイスクール時代の恋人、ミュリエルを呼び出すのだが…。

「箱舟の行末」に参加してくれた灘波愛さんと、久しぶりの洋物、しかも少しアダルトなコメディーに挑戦します。
3本とも面白いので、是非観に来てください!

お問い合わせは、下記まで!

080-6796-7621
tubamegumi@ezweb.ne.jp (劇団つばめ組)


チケットは僕扱いでお願いします!

truthshellproduce@gmail.com
posted by たいき at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝

2014年07月24日

無事、終了致しました!

お陰様で、第五回トゥルースシェル・プロデュース公演「箱舟の行末」の千秋楽が無事に終了致しました!

本当に素晴らしい仲間達と、渾身の作品を上演できたと思います。

関わっていただいたキャスト、スタッフ、そしてご来場の皆様!

誠にありがとうございました!!

まだ頑張って続けていこうと思います。
posted by たいき at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月19日

「箱舟の行末」二日目。

第5回トゥルースシェル・プロデュース公演「箱舟の行末」、二日目も無事終了しました。
天気が日曜まで悪いのでヤキモキしていたが、昼公演も夜公演もなんとか開演時間まで曇りをキープ。
実は僕、かなりの晴れ男。
それも晴れてほしい日は、雨の予報もひっくり返すくらいの。
調子にのって芝居後の後説で景気よく、悪い天気も公演中は晴れ男の主宰がひっくり返します!
みたいなことをぶち上げて表に出たら、シトシト雨…。
まあ、比較的すぐにやんだんですが、明日からはちょっと調子にのるのはやめようと思います。
それにしても、面白い舞台になったと思います。
まだまだ、お席の方、余裕がありますので、お時間ある方は是非、この連休はすみだへ!
posted by たいき at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月18日

「箱舟の行末」初日。

遂に第五回トゥルースシェル・プロデュース公演、「箱舟の行末」の初日が開幕しました。
バタバタしましたが、お客さんも満員御礼で反応も良く、いい初日だったと思います。
まだまだ今後のステージ、お席の方に余裕があります。
企画立ち上げから一年。
渾身の作品となりました。
是非、ご来場くださいませ!
posted by たいき at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記