2016年03月07日

トゥルースシェル・プロデュース番外公演Vol.2 「楽屋」

トゥルースシェル・プロデュース番外公演Vol.2
燐光群アトリエの会『楽屋』フェスティバル参加作品

楽屋
−流れ去るものはやがてなつかしき−」


チラシ 表1-4 3_24.pdf
チラシ 表2−3 3_24.pdf

劇場

梅ヶ丘ボックス
(世田谷区梅丘1-24-14 フリート梅丘B1F 03-3426-6294 (有)グッドフェローズ)
新宿より小田急線 〔区間準急〕〔各停〕で14分
梅ヶ丘駅下車 北口・南口徒歩1分


公演日程※更新しました!

2016年
4月28日(木) 18:00※チケット完売致しました。
4月29日(金) 20:00※チケット残り僅かです。
4月30日(土) 14:00※チケット完売致しました。
5月1日(日)  16:00※チケット完売致しました。

全4ステージ。(上演時間1時間15分)
受付は開演の40分前。
開場は開演の15分前予定。※ステージによって早まる場合がございます。
受付から整理券を配布します。


チケット料金

前売り、当日券共通:2,500円(日時指定、全席自由、税込)


前売り開始日時

3月28日 10:00から


キャスト

清田直子
清田直子(HP用2).jpg


高本愛子(疾駆猿)
高本愛子(HP用).JPG


立川芳美
立川芳美(HP用).jpg


由利尚子(芸映)
由利尚子 (HP用).jpg



スタッフ

作:清水邦夫
演出:真貝大樹
照明:燐光群スタッフ
音響:燐光群スタッフ
制作:真貝大樹
舞台監督:燐光群スタッフ
企画:燐光群、トゥルースシェル・プロデュース


あらすじ

わたしは…かもめ。いいえ、そうじゃない、わたしは女優。そ、そうよ!
 とある劇場の楽屋。女優二人が念入りに化粧をしながら、出番にそなえている。主役の女優が楽屋に戻って来ると、プロンプターをつとめていた女優が枕を抱えたパジャマ姿で現れるのだが…。
※プロンプター:舞台上で出演者が台詞を忘れた場合、舞台袖などで小声で台詞を教えるスタッフのこと。

 清水邦夫さんの不朽の名作を、番外公演の第2弾として上演します。トゥルースシェル・プロデュース史上初めての既成台本で、今回は演出に専念。新しいメンバーとの稽古も楽しみです。
 この度の企画は劇団燐光群さんがフェスティバルとして立ち上げたプロジェクトですが、なんと参加団体は20団体! 全団体が「楽屋」を上演します。
 参加者の中には知っている関係者の名前もチラホラあがっており、今からフェスティバル自体が楽しみです。(果たして僕はG・Wに何本の「楽屋」を観劇するのでしょうか?!)
 うちもすでに先週、顔合わせをすませまして稽古に入りました。感触は上々。僕も念願の清水邦夫さんの作品上演に興奮しています。
 ともかく清水さんの作品は、芝居も、台本も、とても影響を受けた思い入れの強い作家さんです。その分、緊張もありますが、やっぱり稽古が始まると楽しいです。是非、観に来てください!

燐光群公式HP
http://rinkogun.com/

2016年01月05日

新年あけましておめでとうございます。

さてさて、今年一年はどんな年になるものか。
今年もよろしくお願いします!image1.PNG
posted by たいき at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月02日

ヤクルトスワローズ、14年ぶりのリーグ優勝!

BS1でずっと見てたんですけど、延長入ってから回抑える度のカツノリコーチの雄叫び、そして雄平の決勝打、その瞬間の監督のコーチの喜びの円陣、しかもファンになりだした時の主力選手、真中、高津、伊東、三木、宮出、福地、土橋もいた…石川、館山胴上げ、ウルッときたなぁ。

スワローズファンになったのはノムさん監督時代の最後の方。
2001年の優勝の時は世紀が変わって、911があったり、自分自身も忙しくて余裕がなかったりであまり喜びを噛みしめることができなかったけど、今年は本当に感動しました!

強力打線は観てて楽しいし、ピッチャー陣も去年とはうって変わって充実してるし、CSを勝ち抜けて是非、日本一になってほしいです!
posted by たいき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月30日

番外公演、終了!

トゥルースシェル・プロデュース初の番外公演、「外道の矜持」、「オールトの雲を超えて」、無事に終了致しました!

初日から一週間以上経っての書き込みをとなってしまいましたが、やっぱり気を張ってたのか、終わった途端に疲れが出ました。
今回は本公演に比べて稽古時間を少なくし、稽古外交流(飲みですね)を極力抑えた(キャスト全員が同じ席に着いたのは打ち上げの時だけ)、にも関わらず…やっぱりガクッときました。
なんですが、小さい企画ながらも久しぶりに主宰・制作・作・演出・出演をやって、もちろん至らない点も大有りなんですが、内容が好評だったこともあり、自信にもなりました。
評判が良かったのがとても嬉しかった反面、もっとどうにかできなたなぁと悔しい気持ちも強かったです。

またこういう企画をやりたいと思います。
観に来ていただいたお客様、誠にありがとうございました!
そして関係者の皆様、お疲れ様でした!!番外公演写真.JPG

posted by たいき at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月22日

番外公演初日!

いよいよトゥルースシェル・プロデュース初の番外公演、「外道の矜持」、「オールトの雲を超えて」の幕が開きます!

短編ながら、これまでの公演の中でも屈指の仕上がりになったと思います。
本当に自信作です!

是非、劇場に足を運びくださいませ!!

トゥルースシェル・プロデュース主宰:真貝大樹

2015年05月03日

トゥルースシェル番外プロデュース「外道の矜持」「オールトの雲を超えて」

来月、初めての番外公演で、短編を2本上演します!

トゥルースシェル番外プロデュース公演

番外公演チラシ.jpg

「外道の矜持」

「オールトの雲を超えて」


劇場

シアター・ノア(東京都新宿区四谷4-9 四谷エントランス・ノアビル)

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅より徒歩3分
各線「新宿」駅より徒歩15分


日時(2015年)
※誠に勝手ながら、開演時間を変更させていただきました。
何卒、よろしくお願い致します。


6月22日(月)  20:00(開演 以下同)
6月23日(火)  13:00/16:00/20:00
6月24日(水)  14:00/17:00(開場は開演の20分前)

※当日受付は開演の30分前となります。(全6ステージ)


チケット料金

前売り、当日券共通:2,000円(日時指定、全席自由、税込)


前売り開始日時

2015年5月21日(木)10:00


キャスト

「外道の矜持」

荒井ハンパ
逢川大樹

「オールトの雲を超えて」

米山剛
有木敬介
日野清美


スタッフ

作/演出:真貝大樹
制作:市村彩子
照明:赤石諭
音響:真路実
舞台監督:真貝大樹
企画:トゥルースシェル・プロデュース&荒井英之


あらすじ

「外道の矜持」
友達を助けて! ことの始まりは少女の依頼。
名前はアキラ。十二歳。男の子みたいな名前。
売春組織に捕われた少女を救うため、探偵と刑事、二人の男が奔走する!
 2013年、kapiプロデュースに書き下ろして好評を博した、女優二人芝居の男バージョン。
語り≠フみで舞台化困難な世界観を表現!

「オールトの雲を超えて」
青年はいつも空を見上げていた。ブラック企業に勤めるヒロとアキは、明日を求めてもがくのだが…。
改稿前の「箱舟の行末」の現代パートに谷川俊太郎の詩を絡め、若者達の青春と成長、そして命の儚さと尊さを描いた好短編として甦らせます!

「外道の矜持」は男バージョンということで、設定やセリフを結構変えました!
ただ、ハンパ君がセリフを憶えられなかったらかなり削られていきます。(笑)

「オールトの雲を超えて」は、ほとんど別の話だった「箱舟の行末」の第一稿の現代パートをリライトして、まったく新規の短編に生まれ変わりました。
本公演では中年で、若年性認知症となるヒロ、その妻ユミ、そして親友のアキのもう一つの物語が瑞々しく、切なく語られる予定です。(笑)
是非、ご来場くださいませ!!

2015年04月26日

四十路。

本日で私も四十路。
もう人生の折り返し地点かぁ。
ホント、時の流れは早い。
あ、6月に小さな舞台企画してます。
詳細は近日発表します!
posted by たいき at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月19日

舞台「龍馬奇譚」に出演します!

今年最初の舞台に出演致します!!

ENGEKI GENE旗揚げ公演

「龍馬奇譚」
『 龍 馬 奇 譚 』チラシデータ表 - HP用.jpg

劇場/萬劇場(豊島区北大塚2−32−22)

萬劇場MAP.jpg
JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分
都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分


日時(2015年)
4月1日(水)19:00
4月2日(木)14:00/19:00
4月3日(金)14:00/19:00
4月4日(土)13:00/17:00
4月5日(日)13:00
(全8ステージ)


チケット料金

前売り:3,800円 当日:4,000円

☆豊島区在住・在勤の方、先着20名様に限りとってもお得なチケット割引をします!
詳しくは以下のURLをご覧下さい。
http://yorozu-s.sub.jp/blog/info/地元割!/


前売り開始日時

2015年2月24日(火)10:00
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=63322

キャスト

高橋和久(俳協)
逢川大樹(トゥルースシェル・プロデュース)
瀬下智子
篠原辰也
菊地真之(グルー)
由利尚子(芸映)
野中理絵
前野強
灘波愛(月の石)
有木敬介
矢島かえ(劇団黒胡椒)
今井祐樹
大倉良介(オフィス コマチ)
島田克視
北村泰助(ENGEKI GENE) 


スタッフ

作/演出:北村泰助
美術:大津英輔+鴉屋
照明:片山通子(ASG)
音楽:大沼弘基
音響:楠瀬ゆず子
衣装:明神杏奈(BQMAP)
殺陣:藤田けん(STUNT JAPAN)
振付:斎藤えり
ステージング:須ア美穂
ヘアーメイク:茂木美緒
宣伝デザイン:大友楽
演出助手:大倉良介
舞台監督:弘光哲也
制作:十万亜紀子・喜友名織江
企画:ENGEKI GENE


あらすじ

激動の幕末。土佐藩のとある村で起きた侍たちの諍いに、あの英雄が巻き込まれるのだが…。
身分社会に翻弄される人々の、幕末人情物語!
僕は村の顔役、前河原の与吉役を演じます。

年末、ブログでチラッと触れた、「箱舟の行末」の主演を務めてもらった盟友北村君の処女作、そして旗揚げ企画に参加します。
幕末物ですが、荒唐無稽なエンターテイメント作品になりそうです!
是非、ご来場くださいませ!!

『 龍 馬 奇 譚 』チラシデータ裏 - HP用.jpg/span>
posted by たいき at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝

2015年01月01日

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
今年も何卒、よろしくお願いします!!

真貝大樹
posted by たいき at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月31日

今年も…。

今年も後少し…。

今年は舞台を三本やって、それぞれ充実したものになったと思います。
7月の我がトゥルースシェル・プロデュース公演「箱舟の行末」も成功に終わり、11月もおもしろい役で、コメディとしてうまくいった。
12月の「紙谷悦子の青春」の再演も、成功した初演のプレッシャーを跳ね返せたと思う。

来年は4月1日〜5日に、盟友北村泰助主宰のENGEKIGENE旗揚げ公演「龍馬奇譚」が待っている。
こちらも是非、成功させて来年の勢いをつけたいところだ。
そしてなんとか新作を書くぞ!

ということで、来年もよろしくお願いします!
posted by たいき at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記