2009年10月20日

稽古は続く。

アトリエ(劇場)での稽古が終わり、実寸より狭い稽古場に戻る。

11月の本番前は色々バタつくので、今月中に芝居の内容は仕上げたい。

時間があっという間に経ってしまうなぁ。

このHPの管理人に頼んだ、トップページのMail欄が今だ出来ない…。


ヤクルトがCS敗退。

まだ俺には楽天がある…!
posted by たいき at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年10月19日

通し稽古。

土曜日に初の通し稽古。

場所は劇場となるV−NETアトリエ。

照明プランナーのV−NET西川さんに観ていただいた。

一週間近く稽古してなかった場面もあったが、感触のある内容。

修正部分と次の目指すステージが見えたようだ。

俳優陣は舞台経験の浅い子も少なくないが、よくやっていると思う。

本番まで全員揃う日が多くないので、悩みどころだ。

終わらせなきゃいけない作業もたくさん出てきてるし…。


作業と言えば、DM作業もやっと終わる。

舞台を本番に向けてどうするか、より具体的に詰めていく時期なので、DMのコメントもなかなかお気楽になれないところがあったりするが、今回はどこか開き直っている。

弾けた舞台になるといいな。


楽天もノムさんが辞めることになったけど、第2ステージ進出。

これはひょっとするなぁ。

ヤクルトも中日に負けたが、明日は勝つんだ!
posted by たいき at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 稽古

2009年10月14日

連休も…。

連休も稽古。

アトリエ視察の意味も含めて、先週は稽古帰りにV−NETの新人公演も観に行く。

もはや劇場の機構を持つこの稽古場は頼もしいの一言。

急遽出ることになったうちのキャストのジル(こっちの稽古中なのに勝手に出演決めやがった)もちょっと顔が押井守さんに似てたし、新人も頑張ってたし、いやー、本書き上げてから何ヶ月だ?

本番が刻々と近づいてるなー。
posted by たいき at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年10月06日

今日から一ヶ月!

今稽古している芝居も、来月の今日には初日!

今日は殺陣の振付稽古。

……。

ワッハッハ!

…課題は決して少なくない…。
posted by たいき at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年10月04日

本日の稽古は。

今日は予定している稽古日の中で、一番キャストの少ない日。

出てくる人数の少ない場面を重点的にやって、クライマックスの場面をあたる。

やっぱりなんだかんだ細かくやると、時間がかかる。

明日はいよいよ殺陣指導の西沢さんが入って、殺陣振付を行う。

稽古も本格的になるから、時間との勝負。

そしてどんな殺陣になるのか楽しみ。

役者も頑張ってくれると、演出も楽しい!


さて、ヤクルトの来季の監督が、高田監督で続投になった。

負け越しでも今の戦力でCSにいけば、頑張った…かな…。

ともかく阪神をひっくり返して(現在4位)CSにいったら第2戦まで何とか行って、カモにされてる巨人に一矢報いて欲しい。(それこそ負け越してるのにワケが分からんが)

来年も…神宮には行けそうにないなぁ
…。
posted by たいき at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年10月03日

始動。

11月の芝居、「COLORS」の稽古が本格的に始まる。

フルメンバーでは無かったが、なかなかの好スタートがきれたと思う。

稽古初日の感触で、ほっとした部分が多かった。

これならいけるだろう!

後は走るのみ!

チラシもできたし、今回は演出だけじゃなくて制作もやってかなきゃならないので、どんどん雑務を解消していきたい。

それにしても主役の高岡さんには、制作面も関わってもらって助かった。

もちろん、他のキャストや増岡君、和方、V−NETの面々、キャストを紹介してくれたマネージャー、関わってくれた人総てなのだが、V−NETの方でも制作をやっている高岡さんのおかげで予算を随分圧縮できた。

後は…制作に関しては本当にカンパ制の入場料で、どこまで集金できるかだ。

それには芝居を良いものにするしかない!

頑張る!

夜は飲み会で、久しぶりに飲み過ぎたのでした。
posted by たいき at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年09月13日

「COLORS 〜バトルエレジー・ビクトレンジャー〜」

本日も11月の芝居の稽古。

本読みにも飽きてきたので、荒く立ち稽古。

やっぱり場面が動くと俄然楽しい。

そして一応、詳細が決まりだしたのでここで宣伝!


演劇制作体V−NETアトリエ企画「SDオールスター大感謝祭(仮)」

トゥルースシェル・プロデュース公演


 〜バトルエレジー・ビクトレンジャー〜


作・演出:真貝大樹

殺陣:  西澤智治

出演:  高岡里美
      藤波聡
      増岡浩幸
      和方五郎
      廣瀬直也
      ジル・アマノ・サントレイナ
      前澤友子
      臼井佑加莉
      高橋聡
      榎木淳弥


劇場:  演劇制作体V−NETアトリエ(最寄駅・京王線柴崎駅 東     京都調布市菊野台1-4-1)

入場料: カンパ制

タイムテーブル:

11月5日(木) 19:30
11月6日(金) 14:30/19:30
11月7日(土) 14:00/19:00
11月8日(日) 14:00

(開場は開演の30分前です)

あらすじ

熾烈な闘いから十数年…。悪の結社に打ち勝った私設自警団ビクトレンジャーは解体され、世の中は平穏を取り戻したかに見えたが…。
かけがえの無いものを失った魂は、絶望を抱え疾走する!
正義と悪の闘いの挽歌!


とりあえず今は以上です。

今後もどんどん情報を更新していくので、よろしくお願いします!
posted by たいき at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年09月06日

大変。

11月の芝居の稽古。

今日は主演が急遽ダウン。(新型ウィルスでなければいいが)

他キャストも別芝居の本番前ということで、代役多めの稽古。

しょうがないので主役を代役してみる。

いきなり頑張りすぎたのか声が…。

こりゃ鍛えんと…。

でもやっぱりやってて楽しかったし、芝居への理解も深まった。
posted by たいき at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2009年08月30日

稽古。

今日の読み合わせから新メンバー加入。

これで座組のキャストは10人。

やっぱり後一人、欲しい。

メンバーの和方君の知り合いに期待。


読み合わせの方は、まだ本番まで2ヶ月もあるというのに、まとまりが出て仕上がってきた感じだ。

新メンバーの子も初見で良い勘を見せてくれた。

早く立ち稽古に入りたいが、まだ先は長いからなぁ。

といいながらも、家に帰ってネットで衣装を注文してしまった。


今回のアトリエ合同企画は、事情あって入場料がカンパ制。

だから予算の組み立てが読めない。

お客さんがたくさん入ったのにカンパが少なく赤字とか、お客さんが入ってないのにカンパは大枚ばっかで黒字とか、博打の要素が強い。

のであまり思い切って制作費を使えん…。

稽古場代やアトリエ使用料が安いのでとても助かるが、なるべく打ち上げの一次会費用くらいは捻出できるほどに黒にしたいが…最近、小劇場も客が入ってないっていうから心配だなぁ…。


もしこれを読んでて観にいらっしゃるお客さんがいたら、カンパは多めにお願いします。

まあ、それにはまず、芝居をおもしろくしなければ!
posted by たいき at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月16日

8月15日。

いつか稽古場で、稽古はまるで‘死’に向かっていく作業のようだねと話し合ったことがあった。

大きな間違い。

まったく逆で‘生きる’ための作業なんだと。


現実はろくに実感を与えず、頭と心をフワフワさせる。

今日は色々あり過ぎた。
posted by たいき at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月15日

今日も。

本日も劇場稽古。

時間の都合で一部カットしたが、効果も含めて本番を想定して出来た。

今日は朝から仕事して稽古に望んだが、疲れてたのか途中から変なトランス状態に。

これまで芝居の追い込み時はだいたい鬱傾向に入るのだが、今回は逆で妙な躁状態。

おかしな笑いが止まらない。

んが、涙腺はどんどん緩くなってくる。

これ終わったら、次はいつ舞台を踏めるか分からんのでともかく全力で望みたい。

芝居の追い込み時の現場はいつも戦場のような様相を呈してくるが、それを楽しめたらいいな。

ともかく主役の百々さんの負担が大きいので(今日も夜は振付稽古)、決して板の上で(精神的に)一人ぼっちにさせないようにしたい。

今回、自分で設定した目標を超えたい。


ところで遅いのだが、ロシアがグルジアへの攻撃を中止。

しかしその裏でまた中東某国が軍事力強化…。

そして星野JAPANが台湾を下す(この飛躍は酷いか)。


夜はマネージャーの家に久しぶりに顔を出す。

和む。

このタイミングで精神安定になった。

が、真の実力はこれから試される。


これからはオタクな話…。

これまたちょっと古い話だが、買っておいたSF映画の「ブレードランナー ファイナル・カット」のスペシャル・エディションを観る。

期待のメイキングが200分超え!

凄まじい逸話が数多く出てきて、ここでは到底紹介しきれない!

しかしハリウッドは(CG技術などは置いて)今も本当にこんな映画造りをしてるんだろうか?

オーディションのためにセット、代役が用意され、俳優は朝からスタッフとメイク、衣装、小道具を自分で選び、一日かけて何度もカメラ・テストをする。

「ゴッドファーザー」のメイキングで、10代からその製作体制は頭では分かっていたが今、改めてみるとアメリカの軍事力のように驚異的だ。


でも入念に用意し、スタッフの労力のほとんどが表に出ることのない現場で、監督の突然のアイディアや(これは今の現場にも通ずる…)俳優の思いつきでコロコロ話の筋が変わるのって…本当にワンダーな世界だ。

特にあのフランケン・シュタインのクリーチャーのような、ルトガー・ハウワー演じるロイ・バッティの最後のセリフが、俳優ルトガーのオリジナルだったとは…。

中学生の頃、深夜放送で観たこのシーンには本当に感動させられた。(そしてその後のナレーションに違和感)

役者になろうとした原点だと言っていい。(当時は恥ずかしすぎて、役者なんてあまりにかけ離れた世界だった)

「スター・ウォーズ」、「インディ・ジョーンズ」で当時、自分の中で文句無しのスターだったハリソン・フォードのベスト・1の作品だ。(主役候補俳優の中には、ダスティン・ホフマン、ニック・ノルティ、そしてアル・パチーノの名前も!)

いや、やっぱりこれまで観た映画の中でもベスト・1と言っていい。

一番回数観てるし。


そして肝心要、新編集の本編の方は…


もう、尺が4時間でもなんでもいいから、

完全ノーカット・バージョンを出してくれ!

買うから!!



ファンは総てを観たいんだ…総てを…。



※…なんか映画の舞台となった2019年にまた、新バージョンを出すような予感がするんだが…。 
posted by たいき at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月14日

ひぐらしのなく頃に。

ひぐらしの鳴く音が好きだ。

童心に帰れる。

稽古場の帰りのこと。

あの鳴き声を聞くと、田舎や青臭い時代、小学校の頃の心霊や怪奇物の特番(本チャンの夜のシーンまでに必ず日暮れのシーンが挿入される。いよいよ本番ですよということ。その日暮れに不気味にひぐらしの鳴き声がかぶる)を思い出して和む。

湿度は高いが、日が落ちると風もあって涼しくなってきた。


今日の稽古は荒通し稽古。

本域で最後までいった。

かなり感触があった。

茜ちゃんのアドリブにはやられた。

グッときた。

この芝居はおもしろくなる。

感情が爆発する。

お芝居のお知らせには‘落ち着いた役’と言ったがどっこい、情熱的な役となってきた。

今回の芝居、演出の言葉を借りるなら、ジャン・ギャバンの「望郷」だ。
そして百々さんの役がもし男だったら、俺の役は実はヒロインの位置付けなのだ。

通し稽古が終わると、芝居を観た子役の何人かが泣いてた。

稽古中もダメ出しに耐え切れず、子役の子が泣いた。

その涙を無駄には出来ない。


しかし星野JAPAN、キューバに敗れたか…。
posted by たいき at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月13日

劇場稽古。

OFFをはさんで今日から劇場稽古。

OFF前後は正直、体力的にきつかった。

昨日も家に帰って知らぬ間に寝てた…朝方セミがうるさいので、起きてシャワー。

二度寝がなんかできない。

やばいかなっと思ったが、今日の稽古は久しぶりに子役達と合流したので、劇場で場当たり。

そのためあまり出番が無かったのは幸いだったか。


家に帰って掃除や洗濯に買い物、そして残ってた宣伝メールを全部やっつける。

行けません返信が多いが…後は神頼みだ…。

正直、今日は早く終わったが、やることは際限なく出てくる。

ともかく本番の一週間前くらいには、家に帰ったらぼーっとできるような状態になりたい。


ところで舞台監督の菅原さんがすごい。

ずっと稽古についてるが、小劇場では劇団でもない限り、珍しいことだ。(拘束費がかかるから)

稽古場や、諸々の管理をこなしてくれるので、本当に助かります。

芝居で応えたい。


ちょっと前の話だが、カンヌで賞を獲った「殯(もがり)の森」を観る。

率直な感想は、自主映画の延長線にある映画だなと思った。

ヘッドフォンでないと、セリフの聞き取りがなかなか困難。

青年団から発祥した現代口語もそうだが、舞台や映像のリアリズムを
しばし考えさせられた。

いや、今回の舞台だとセリフが聞き取れなかったら、相当観てる方はストレスになるだろうけど。

いつか映像でも舞台でもいいから、もっともっとミニマムな演技へのアプローチをしてみたい、いや、本当はミニマムではないのだが…。

今回の座組の矢野宣さん(「新幹線大爆破」の演技は伝説)もそうだが、老人の存在感と演技が…凄い。

作品のトーンが素人同然の老人に照準が合っているので、役者の演技もこうなるのは必然か。

自分がこの現場に居たらと思うと、少しワクワクする。

一体、自分はどんな演技するんだろう?

昔あったワケの分からん恐怖感が無くなって、今のポジティブな自分が心地よい。

もちろん、現場が変われば心境も変わるのだろうが、今の自然体、大事にしたい。

邦画に限らず、総ての表現には絶えず予算の問題がついてまわるが、「殯の森」のような独自性の強い作品がどんどん出てくるのは良いことだと思う。

今回の芝居もそうだが、‘ジャパニーズ・オリジナル’、それでいいと思う。

明日も稽古だ!
posted by たいき at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月08日

動き。

炸裂する越光演出!

今日は演出からのアイディアで場が動きました!

おっつかなくって大変!

だがそれがいい。


うーん、これはおもしろくなる感じになってきたけど、明日からまた大変だ。

結構長い間稽古してるが、こんだけ鮮度が保たれているのはなかなかな現場です。

台本からこの芝居を見てるこっちとしては、今日みたいな変化は劇的です。


そして今日で最後の幕まで稽古がついたので、荒通し稽古!

ウィーク・ポイントも見えましたが、しっかり手応えがあった。

後は俺達俳優がどこまでやれるか…。

でも、これはおもしろくなりますよ!!


夜は懇親会の飲み。

あっという間に時間が流れ、なんか飲み足りない。

でも今日は午前中も朝から出てたので、もう寝る!
posted by たいき at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月07日

稽古場で。

共演者のNGで今日の稽古はほとんど出番無し。

チラシを送れなかった人たちにメール。

うーん。

本番のかぶりが多いなぁ。

しかし、久しぶりに返信を返してくれた人もいて、それはそれで暑中見舞い代りにはなったかな。

こっちはすっかり(関係が)切れちゃったかなと思ってても、とりあえず告知してみるもんだ。

メールだけの芝居のお知らせは気が引けるものもあるが、まあ仕方が無い。

前世紀だったらもっと気安く住所や家電を聞けたりもしたが、今やメアド聞くのも気を使ったりするからな。

一昔前は留守電と深夜の電話、後は劇場で神頼みなんてよくやってたよなぁ。

自分も周りも若かったからできたんだろな。

昨日の書き込みじゃないが、今は気を使うことが多い。

まあ、それが道理なのだが、演劇(特に小劇場)というコンテンツがおっついてない気がする。


そんななか、グーグルマップのストリートビューはスゴイ。

このシステム、誰でも住所を入れればその近辺の詳細写真が見れるのだが、う、家が思いっきり写っとる…しかも俺のバイクまで…。

行ったことも無いところの景観が見れるのは確かに便利だが、これは今の時代、問題にならないか?

なんかネットで、ちょうどラブホに入っていくカップルが風景に入ってたんだけど…。


酒をキーボードにこぼしたら、すこぶる反応が悪くなる。

マウスの右クリックも。(なぜよく使う左でない?)

この立てこんでいる時に!

思い切ってセットで良いやつ買っちゃおうかな…。


夜は稽古場を移動して、十五夜会さんと歌と踊りの最終チェック。

お褒めの言葉を預かるが、実際は全員でやるわけじゃないからなぁ。

あんまり関わってないが、歌、踊り関係は不安材料が多い。

キャパもそこそこ大きいし。

しかもこれから増えそうな気配もあるし。(わぁー)

十五夜会の方々は楽日に来てくれるそうで、嬉しいサプライズもありそうです。

9月に円形劇場でライブもやるらしいが、座組の面子、誘われてグラッ。

なんかホント、穏やかな人達だったなぁ。

とりあえず、お世話になりました!

本番を楽しみにしていてください!!
posted by たいき at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月04日

連日なのですが…。

またも「海に願いを」、公演に関してのお知らせです。


内藤信也役の柴田博史さんが、

北岡勉役の有賀朔彦君と

コンバートとなりました。

内藤信也役に有賀朔彦、

北岡勉役に柴田博史となります。

よろしくお願いします。



なんかはたから見てると心配されそうな状況ですが、稽古場はいたって円滑で、本当にチームワークの良い座組だと思います。

個人的にも全体的にも動員がなかなか厳しいのが現状ですが、ストレスや負荷の少ない現場だと思います。

だからこそ、自分で追い詰める作業が大切なのですが。

思えば今くらい落ち着いて、自分の役に集中して、共演者と自然に交流し、稽古場でも普通に存在できたら、20代の頃、あんなに苦労しなくて良かったと思います。

確かに知った仲が多い座組ではあるのですが…映像の現場ならこうはいかない。

いつか盟友白井君も言ってましたが、映像の現場はその日、その瞬間、場に居合わす人達の信頼を勝ち得なきゃいけないんだというのは、深く共感するところです。


今回、本当に良い座組で、

良い芝居になると思います。

どうか皆様、是非、観にいらしてください!!



さて日記。

今日は午前中に髪を切りに行く。

…ちょっと髪は切り過ぎたか…まあ、本番の前にのびるでしょ。


帰りには稽古場の近くで同期にこれまたバッタリ逢う。

そうなのだ。

思い出したが、彼女は今の稽古場のすぐ近くに住んでいるのだ。

やあ…すっかりお母さんになって…お子さんも大きくなって、可愛かったです。


今の自分の現状では、現場は限られている。

これが終わったらどうなるか分からない。

だから、一つ一つ大切にして、全力でかかっていきたい。


ちなみにさっき、久しぶりにサウナスーツを着て神宮外苑まで走ったら、気持ち悪くなって吐き気がした…。

全力という気持ちも大事だが、ちょっと考えてから行動しよう。

しかし風はあるが、暑過ぎる…。
posted by たいき at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 稽古

2008年08月02日

ガビーン。

赤塚不二夫さんが死去。

実はタイトルにつけるぐらいガビーンでもないのですが(手塚さんや藤子さんの時の方がショックが…すいません)、昔配達のバイトで氏が住んでる地域の担当で、ご自宅を訪問したりしてたのでつい…もちろん、天才バカボンは好きでしたが…氏のご冥福をお祈りします。


それと五輪の野球なのだが、急遽導入されたタイブレイクルール。

星の監督が怒るのも分かるが、アマチュア連盟のえらい人が言った通り、日本は横綱野球を世界に示せば良いと思う。

アメリカはこのルールを見越して投手を12人にしたそうだが、日本は投手10人でも全然勝算はあると信じている。

むしろ本当の短期決戦なのだから、10人だっていけるはず。

ただ、上原といい、マー君といい、不安材料は…。


さて、稽古。

この度は島で肉体労働をしている役。

一昨日はオフだったのでじっくり日焼けした。

昨日から背中が痛い…。(涙)


昨日は午前様から子役と稽古。

子供達は生き生きしだしている!

だが課題は多い。

可愛いからつい薄目で見てしまうが、劇場に入ったら皆もっと大変だぜ!

しっかり準備しよう!


そして今日から稽古場が移る。


ここでお知らせがあります。


諸々の理由により、キャストが一部変更されました。


曽根泰三役の永野和宏さんと、

草刈純平役の武藤啓太君が

コンバートとなりました。

草刈純平役 永野和宏

曽根泰三役 武藤啓太

となります。



作品をより良くするための演出の判断とご理解ください。

よろしくお願いします。



個人的には今日の抜き稽古でやっと、役の気持ちを掴めてた感触がありました。

いよいよラストスパート!
posted by たいき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年07月29日

早上がり。

今日は夜の稽古はバラシ(終了)になったので、早く帰る。

こういう動ける時に色々用意できるものを用意。

と言っても、今日衣装を持ってってO・Kをもらったので準備も微々たるもの。

前半に頑張ったせいか、精神的には少しのんびりしている。

このちょっとしたゆとりで思いつく案も少なくない。

演出の交通整理も早く、盆前からはどんどん通し稽古ができるのかな…分からんが。

ただ、キャストのNGも無くはないからなぁ…。


自分だってと言いたいところだが、これまでほぼ全日稽古に出てる。

しかし重なるときはなぜか重なるものだから(しかも舞台をやってると、オーディションが決まりやすいジンクスがある)、やっぱり前倒しで諸々やっつけておきたい。

相手役の百々さんも一昨日まで本番をかかえてたらしく、それもなかなか大変な現場。

大ホールで当日合わせの段取り、セリフなどで緊張したのか、昨日の稽古まで高ぶってる感じだった。


こういう大変な状況を縫っての稽古でも、知った仲なので割かしスムーズ。

プロデュースで初対面の共演者なんかだと、やっぱなかなか分からん部分もあるからなぁ。

そう言や昨夜も共演者の根本君なんかと話すと、これが以外と熱く語る。

見かけのイメージでは判断できんものがあるわ。


7月まで2月に立ったせんがわ劇場のリハーサル室を使ってるんだが、他の座組で知り合いなんかに逢う。

知り合いでなくても観たことのある演者さんだと、ナチュラルに会話が生まれたりする。


8月ももうすぐ終わるなぁ。

無性に、風鈴の音色や蚊取り線香の匂いを嗅ぎたくなる時がある。

やっぱり夏は好きだ。
posted by たいき at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

連日。

連日熱の入った稽古が続く。

そろそろお芝居のお知らせが届いたようで、幾人かの方から連絡がある。

たくさん観にきてくれるといいな。


しかしセリフの行間というか、板の上を埋めていく作業がなかなか…。

舞台の実寸サイズでの稽古がもうちょっとしないとできないのと、立ち稽古をしだしたばかりというのもあるが、空気が薄い感じ。

これから演技の密度も濃くなっていくでしょ。


立ち稽古になると少し自由になる感じがある。

今回は特に読み稽古が長かったからなおさら。

ディスカッションもまだまだ話が出てきてつきない。


色々書こうと思うのだが、夜ってボケッとしてるとあっという間に時間が経つ。

早く寝る
posted by たいき at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古

2008年07月27日

友達が来た。

本日の題名は、同名の舞台劇が一時都内(局地的に)で流行ったのを思い出してつけました。


稽古は朝から子供達とシアター・ゲーム。

稽古というよりはゲームで親睦を深めた感じ。

稽古場が昔通っていたところの近くだったので、よく行ったラーメン屋に行く。

なんか味が濃くなったような気が…でもうまい。

汗をかいたからしょっぱいのがとてもうまい。

またこの稽古場には来るので、これはちょっと楽しみが増えた。


稽古が早く終わったので家に帰ったら、ビルの前で不審な男(笑)がウロウロしていたので、声をかけてみたら突然襲い掛かってきた!…と、言うのは真っ赤な嘘で白井君が遊びにきてくれた。

今ついてる芝居の稽古場が、俺の家からすぐ近くらしい。

お互い稽古の割には、まだお天道様が出てるうちに開放されたかと思いきや、どうやら中抜けのようだったらしく、ケイタ君、夕方には稽古場に戻りました。


夜は防衛省主催のお祭りに行く。(お祭り好きだなー俺)

ここのお祭りも物価が安くて好き。

エビスビールが安かったのが嬉しい。

ただ甘い食べ物が一切無かったけど、子供達はそれで良いのか?


ここ数日、さすがに疲れたらしく、帰って横になったらすぐに寝てしまった。
posted by たいき at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古