2008年03月26日

横山秀夫作品最後。

昨日の話の続きを少々。

もはやメジャー選手の新しい判断基準としても成立している、ビリー・ビーン提唱のセイバーメトリクス(統計学を応用して野球を分析する)だが、なかなか奥が深い。

例えば、犠打、盗塁、敬遠はかえって相手チームを有利にするとして一切させない。

失策、防御率、自責点なども流動的なもののためにマイナス評価にならない。

逆に投手ならば球速なんかは評価にならない。

9回を投げる抑え投手より7、8回を0点に抑えられる中継ぎが重要視される。(中継ぎ投手の重要性は昨今、レッドソックス岡島といい注目されてますね)

それにより采配でセーブ数の多い投手を作為的に作り、トレードで高く相手チームに買わすというストーブ・リーグでの戦略もあったりする。

‘クローザーは誰でもできる’というビーン曰く、「ガラクタを押し付ける」!

もちろん、ちゃんとアウトのとれる投手が前提だから、ガラクタは酷いが…。

野球通に言わせれば今更な話題だろうけど、結構おもしろかった。


話は大きく変わるが、久しぶりにスクーターに乗ろうとしたら、ものすごい砂を被っていた。

黄砂だ。

かの国は、自国が黄砂を巻きちらしている事実も認めていないらしいが…色んな意味でオリンピックからは目が離せない。

さて、また前フリが長くなりました…。


「臨場」

主人公の倉石検視官が渋過ぎる。

一匹狼で反骨的なそのキャラクターは、これまで横山作品で登場してきた誰よりもヒーロー然としている。

個人的には「影踏み」の主人公、真壁と通ずる雰囲気を感じます。

泥棒と警察官で立場は真逆なのですが…。

クールでかつ、情に厚いという結構劇画調な主人公は、実は読んでて安心感があったりする。

状況に揺れまくる生身の人間が主人公の場合(「クライマーズ・ハイ」とか)、読んでて感情移入し続けるのに結構エネルギーを使いますからね。

特に横山作品は内容が重かったりするから余計に。

もちろんそれはそれで、ピンチに晒されたりするのが危うくて好きなのだが、全部が全部そうだと結果的にパターンになってっちゃうので、全作品読んでる身としてはこういう作品も新鮮でいい。

何せこの主人公の倉石さん、他の作品に出てくる登場人物と比べて、圧倒的にブレない。

ある種超越してるところがあって、直感力、観察眼は神通力に通ずるものがある。

姿は違えど、シャーロック・ホームズのようなものだ。

だから今回も連作なのだけれども、時にポイントでしか出演してなくても圧倒的な存在感をもって描かれてるので、にやっとしてしまう。

ハリウッドのアクション映画と同じで、ある意味パーフェクトに近いキャラクターには感情移入し辛いんですな。

しかし、これもシリーズ化したら嬉しいかも。

なぜかこの作品だけは、主人公の脳内キャスティングがピタリと収まった。

渡瀬恒彦さんだ。

今はタクシー運転手をしているドラマのイメージが強いが、若い頃のような少し危ない男の感じでやってほしいものです。

…と言っても最近、ドラマ版の「半落ち」をやっちゃったからなぁ…。

(横山作品のドラマでは、上川達也が二渡役を連投したように、作品が変わっても一人の俳優が同じ役を演じ続ける場合が多い。
いかにも刑事もののリアリズムって感じで結構好きだ。)


「出口のない海」

若干ネタバレです。

肩を壊した野球青年と人間魚雷回天の話。

時代背景は太平洋戦争中と、横山作品では珍しく時代物だが、

これこそまさに青春のデッドロック。

凄まじい憤りと悲しみに胸を支配される物語だ。

学生時代に特攻隊もののお芝居を何本かやったが、最後はそれでも家族や愛する人を守るために出撃、あるいは華々しく散るのですが、この作品にはそういったある種、破滅のカタルシスのような爽快感はない。

ただ、主人公は誰も、敵兵ですらも殺さないで良かったと静かに海に沈んでゆく。

さすが21世紀に書かれた特攻ものだと、いたく感動しました。

実は野球は好きなんですが、これまでのブログを見て明らかなようにあんまり細かいことまでよく知らない僕には、主人公が最後に完成した魔球がよく分からなかったなぁ。

パームやツー・シームのようなものだろうか?

それともソフトボールでよく聞くライズ(打者の手許で浮き上がる)ボール?


「震度0」

つい最近、やっと読み終わった作品。

文庫でまだ出版されてなく、図書館で借りて読んだ。

実はレンタル5度目にしてようやく読み終えた本。

途中から絶対借りた本で読んでやろうと意地になってしまった。


「事件は会議室で起きてるんじゃない、

事件は現場で起きてるんだ!」



こんなセリフを誰しも一昔前、聞いたことがあると思いますがこれを読む限り、事件は会議室でも起きるようです。

ともかく登場人物の人間関係がとてもドロドロしている。

そのドロリっぷりは全作品を通しても随一。

職住近接とは言葉だけだと便利そうだが、同じところに職場も一緒で昔からの馴染みが長年住むと、灰汁(アク)が出てくる出てくる。

これは俺、無理だ…。

物語は阪神大震災のまさにその日、N県警本部警務課長が失踪するのだが、出てくる人間がどいつも自分のことしか考えていない(唯一、堀川はまともに見えるが、この男ですら家族から見れば…)ので、なかなか感情移入できる人物がいず、読んでて渇を入れたくなったりする。

700キロ離れたかの地では、大変なことになっているというのに・・・もちろんこれも筆者一流の計算で、僕はまんまとしてやられていたりする。

実は失踪した警務課長不破義人が一番まともそうなのだが…。

悲劇のスケールがギリシャ劇のようだ。

事件とは本当に、当事者もそうだが、時に周りの人間を深く傷つけ狂わせてしまう…。

しかし最近の横山さんの作品の中では、ヒーローが不在の個人的には一番、‘らしい’作品でした。

まるで映像のカット割りのように、登場人物ごとに章を細かく刻んだのもテンポがあってのめり込ませる。

やっぱりこの方はすごい。

それにしても改めて阪神大震災の被害を数字で見ると、言葉を無くすものがある。

これにてしばらく横山作品を読むのはお休みになるだろうが、最後に読めて良かったと思える作品でした!


思えば、横山秀夫さんの作品って、たくさんドラマ化してるんですよね。


そのほとんどを見過ごしてるとは

ファンとしていかがなものか?



と自分自身でも思うのですが、いつかは横山秀夫さんの原作ドラマ、あるいは映画に出るぞ!と心に夢を抱いて今夜はもう寝ようと思います。

いやー、長くなりました。
posted by たいき at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山秀夫

2008年03月22日

横山秀夫作品3。

昨日から引き続き、横山秀夫さんの作品の特集です。

ネットを見たら、結構全作品フォローしてレビューを書いてる人が多くて、やっぱり人気があるんだなぁと思うこと然り。

しかもだいたいベスト1に上がるのも、「第三の時効」や「クライマーズ・ハイ」とかだったりで果たして、


わざわざ俺がこんなことやらんでも

よかったのでは?



とも思うが、好きなものを語りたくなる男の気持ちも分かってほしいのと、やっぱりこの作家さんの凄さを伝えたいわけですよ、ファンとしては。


凄いと言えば、室伏広治さんというのも凄い男のようで、たまたまWikiで見てビックリしましたよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E4%BC%8F%E5%BA%83%E6%B2%BB


駐車場で当日練習して、

槍投げ国体2位って


凄いなぁ。

その他、日米野球の始球式で球速130キロ出したり、立ち幅跳び460cm以上飛んだり(化け物だ)、博士号持ってたりと、何故この人はハンマー投げをやっているのでしょう。

漫画家のさいとう・たかおをさんが、次の「ゴルゴ13」の実写化の際は、

デューク東郷は室伏広治以外、

考えられない。


とのこと・・・凄いな・・・。


というところで話が思いっきり脱線しました。

ついに第3弾のはじまりはじまりぃ・・・。


「影踏み」

全作品の中でも抜きん出た異色作。

というか設定がトンデモの域に入っていて、往年のファンを戸惑わせる。(面食らったのは俺だけか?)

基本は主役兄弟二人が物事にあたって行く、バディ(相棒)・ストーリーなのだが・・・。

主人公真壁修一はプロのノビ師、いわゆる泥棒なのだが、相棒の弟啓二の設定がブッ飛んでる。

死んでしまった双子の弟が、中耳のあたりにとり憑いてる、というか一つの体に二つの魂が宿ってるということらしいのだが、一卵性双生児のことはよく分からないが、そんなことがあり得るんかいな?という設定に一瞬、別の作家の本かと思ってしまう。

徹底したリアリズムを提唱してきた氏の作品群の中では、主人公がプロの犯罪者ということもあって一際、特異な存在感を発している。

内容もハードボイルドながら結構おセンチで、なによりヒロインが(これまでも危うかったが)完全に添え物になってしまっていて、(どんなに修一がヒロインと距離を取ろうとしても)双子とその両方に惚れられた女性の関係に張った緊張感が無い。

・・・と、厳しく書いてしまいましたが多分、僕はラブ・ストーリーが苦手なんだと思います。

「影踏み」のこれまでの作品とは違う、意表突く展開にちょっとビックリしました。

こういったファン心理が実はある時、作家の創造性を拘束しちゃうのかもしれませんね。

横山さんにはどんどん、他のジャンルも書いていってもらいたいものです。


「看守眼」

刑事ではない人間達が事件を追う、これまたビターなテイストの好短編集!

「影踏み」から軌道修正した感じか。渋いです。

―刑事には分からなくても、29年看守をやってきた俺には分かる―。

学生時代に看守の役をやった二人芝居を思い出す、死体無き殺人事件の真相を追う表題作の「看守眼」もさることながら、「口癖」の親子二代に渡る女のドロドロも、ラストは清涼感があるが読んでて苦しい。

どうやら僕はMでもなんでもなかったようだ。

「秘書課の男」では何故か(今もだが)下積みのスタジオ時代を思い出してしまった。(日本人的主従の関係が痛い)

これを読むと、やっぱり「影踏み」はスウィートな雰囲気だったなぁと思うのは、主人公が根っからのアウトローで生き様に夢があるというか、現実離れしてるんですね。

それに比べると例えばこの「看守眼」に出てくる人々は皆、現実にしがみ付いて生きている。

だから重く苦い。


・・・室伏広治の話を最初にしたら、すっかり長くなっちゃいました。

まさかの第四弾で、この特集も大団円を迎えたいですね。
posted by たいき at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山秀夫

2008年03月21日

横山秀夫作品2。

昨日の続きですが、やっぱり横山さんの作品は、短編が好きだなぁ。

だいたい短編集にしても、舞台は一緒で主役や登場人物(警察ものの場合は課)が変わる場合がほとんどで、連作の要素が強い。

たまに他の作品の登場人物がチラリとカメオ出演したりして、ニヤリとさせられたりする。

まあ、横山作品に限らずなぜか短編小説が大好きで、この頃は他にも結構読んでたと思います。

ということで横山秀夫作品の紹介も第2部ですが、相変わらず短編集が多いです。


「深追い」

さっそくの短編集。

三ツ鐘警察署を舞台に、様々な部署で起こる事件を短編ながらじっくり追う。

どの作品も地味だがとても身が詰まっていて、一気に読ませる。

実は刊行してる中でこの作品だけ家に単行本が無くて、内容はちょっとうろ覚え。(買ったと思ったんだけどなぁ)

表題作の「深追い」と「又聞き」、「仕返し」が印象に残ってます。

組織に生きる人達へのエールに溢れた作品が多いですが、やっぱり同じ敷地内に職場と住居が両立しているのは、ほとんど組織で生きたことの無い僕にとっては息が詰まりそうです。

警察に限らず、会社というのは一つの巨大な“家”、家族ですね。

これが後の「震度0」になると同じ職住近接でも、プライバシーの無い警察署、官舎内でドロドロの人間関係が展開される。


「第三の時効」

出た!

F県警強行犯シリーズ!!

横山さんの作品の中で一番好きです。

早く第二弾が出てほしいところ。

ともかくハードボイルド!

F県警を舞台に強行犯捜査一係、通称‘一班’、そして二班、三班が壮絶なシノギの削りあいを見せるこれも連作です。

読者は皆、田畑捜査第一課長と同じく、そんな地方の警察署内の覇権争いよりも、とっとと協力し合って事件を解決しろよとツッコミたくもなりますが、そうは問屋が卸さない。

捜査中、事故で子供を轢き殺したトラウマを抱えながら暴走する‘青鬼’こと一班のボス朽木、マシンのように冷徹で無感情、公安上がりでF県警一の嫌われ者、二班楠見、そして直感(神通力に近い)の現場主義、セリフだけ読むとどっちが敵役の犯罪者か分からなくなる口の悪さ、個人的に3人の中では一番好きな三班村瀬、この3人と部下が繰り広げる硬派な男達の闘いが最高だ!

というか皆、変態だと思うぞ!

ゆえに、以外に脇役の部下達の方が感情移入できて好きだったりする。

「ペルソナの微笑」は容疑者が演劇関係者ということもあって個人的に必見、と言いたいところだが、概してこういったミステリーに役者が出てくると、変装したりとか感情の起伏をコントロールできるとか、トラウマがどうとかいかにもな設定で物語に噛んでくるが、正直、実際ワタクシ逢川の俳優人生から考えると、そんなことまず無いですね。

第二弾がどこかで連載されてるそうですが、早く読みたいな。


「真相」

初めて読んだ横山作品がコレ。

なんと僕の横山作品初体験は、警察小説じゃなかったんですね。

それにしても、収録されてるほぼ全作品がバッドエンディングという硬派ぶり。

特に表題作「真相」、「他人の家」には泣かされました。

方や犯罪被害の遺族の話と、加害者である前科者の第二の人生の話が短編集の最初と最後を飾るのが秀逸。

「真相」では犯罪に巻き込まれ殺されたと思っていた息子の正体を知り、愕然とする父親とそれを健気に支える奥さんの姿に感動し、「他人の家」では服役を終えた主人公を支える奥さんの姿に涙が出ました。

特にベビー服の件にはやられましたね。

決して許されない罪を犯した不運な主人公を、応援したくなるのはこの奥さんの存在が大きい。

それを考えると、「逆転の夏」のラストのなんと重く、険しいことか。

その他、追い詰められる主人公にハラハラする「18番ホール」や舞台化できそうな「花輪の海」、あんな検体のバイト、やっちゃいかんだろうという「不眠」などバラエティ豊かな好短編集。

おそらく他の短編集の中でも一番コレが重いです。

それを一番初めに読んでハマった自分って・・・やっぱりだ・・・。


「クライマーズ・ハイ」

おそらく横山作品中、読んでて一番息が詰まるのがコレ。

久しぶりの完全長編作。

何回かに分けて読んだが、一気に読んだらかなり疲れたのではないだろうか。

ともかく結果的には間違ってなくても、主人公の下す決断がことごとく裏目に出るので読んでて辛くなる。

ここらへん、僕のM心を刺激しそうだがいまひとつ、実は自分はMとしてプレイに耐える体力が無いのではないか?

と思わせた作品。(何を言っているんだ)

物語は日航機墜落事故を背景にして、ある地方新聞社を舞台に苦悩する中年記者を描く。

これまでの警察もの同様、出てくる人間がとても濃い。

横山作品の登場人物は皆、斜線や陰影がよく似合う劇画タッチな人達ばかりだ。

筆者が元記者だけあって、警察もの以上に新聞社の描写がリアルだ。

おそらく横山さんの記者としての理想をこの作品に込めたのだと思う。

文句無しに傑作!


またまた長くなりました。

まさか三夜に渡ってただの感想文をUPすると思いませんでしたよ!

明日で完結!!
posted by たいき at 13:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 横山秀夫

2008年03月20日

横山秀夫作品。

空いた時間にちょこちょこっと読める、短編小説が好きだ。

たまたま時間潰しに買った一冊から、ずっぽりハマった作家が横山秀夫さんだ。

最近やっと全小説コンプリートしたので、その感想など・・・。


「ルパンの消息」

デビュー作だが刊行は05年。

その後の作品に出てくる個性的な登場人物達を考えると、登場人物が劇画っぽくて浅い・・・と思わせるのは、いかにその後の作品の人物描写が深まってるかですね。

警察小説の名手ということで、圧倒的に男の世界を男目線で描くのが横山さんの特徴だと思いますが、女性キャラが添え物にならないように毎度工夫が見られます。(「ルパン〜」に関してはちょっと添え物になっちゃってるかも・・・)

また、横山作品は本人も読者に‘G’(負荷)がかかるような作品を目指している通り、決してハッピーエンドで終わらない作品が多く、重いテーマや内容のものも多いです。

重い物語の中で、一筋の希望の光がキラリと光ったりするのが、堪らないところでもありますが、どうも自分はどんな媒体のものでも、作品に触れる視聴者としては多分にMっ気があるようで・・・このデビュー作、「ルパンの消息」でも‘G’がかかりましたね。


「陰の季節」

警察内の人事担当という地味なパートが一躍主役となる、好短編。

新しい形の警察小説ということで多いに注目されたのは承知の事実。

「ルパンの消息」から比べて、リアリティーがともかく凄い(本人曰く執念の描き込みによるものだと思う)のと、出てくる人間が大人の打算や狡猾さ、そして仕事への厳しさに溢れていて圧倒される。

実は個人的には人事担当の二渡さんが活躍する話よりも、鑑識課の婦人警官の悲哀が浮き彫りになる「黒い線」が好きだったりする。

これは容疑者などの似顔絵を書く婦警にスポットを当ててるが、もうノッケから目の付け所が違う。


「動機」

「陰の季節」に引き続き、これまた異色の短編集。

表題作「動機」のキャリアとノンキャリアの縄張り争いが熱い。が、他の作品でも全体的に言えるのだが、そんなことやってないでとっとと事件を解決しろと言いたい。

前作の人事課のエース、二渡さんがここでも出てくるが、すでに生きた伝説のような巨人になっている。

「陰の季節」であれだけ揺れた内面を見せた二渡りさんだが、はたから見てる人には恐ろしくクールな人に映るのでしょう。

普通に生きてて、心情を吐露したり感情を爆発させる状況って、あんまり無いですよね。

そこらへん、自分はまだまだ本音で生きてる部類の人間になるのかなぁと思うと、嬉しいのか、やっぱり全然大人になりきれてないなぁとか微妙な気持ちになったりします。

たった一度の過ちも、人生は許してはくれないと言わんばかりの「逆転の夏」が重苦しく胸に迫る。

自分はどれだけ許されてきたことか・・・。


「半落ち」

刊行物の中では初の長編。

妻を殺したと自首してきた主人公、梶聡一郎を取り巻く警察内の人間模様を描く。

警察官が罪を犯すことと、それに対しての警察の反応がリアルで重い。

主人公に関わった人物順に章が移るので、テンポ良くどんどん読み進めてしまう。

ここらへん、実は短編集のような構成になっていて、つくづく横山さんは短編がうまい。

警察小説の名手は短編の名手でもありました。

映像化された映画、テレビ、ともに未見。


「顔 FACE」

短編「陰の季節」の「黒の線」で上司に「だから女は使えねぇ!」と罵倒された、似顔絵婦警、平野瑞穂ちゃんが主人公のこれまた短編集。

瑞穂ちゃん、今回は「羊達の沈黙」のJ・フォスターなみに大活躍。

女性キャラの心理描写がいい。

基本的に、横山さんの作品のハードボイルドっぷりにはいつもワクワクする。

短編集の中でも女性読者を少し意識したのか、あまり重過ぎないので読後感も軽い。

これを読んでた頃くらいが一番ハマってた時期じゃないだろうか?

基本的に横山作品は年代不同で読んだが、一番好きな「第三の時効」や「クライマーズ・ハイ」も同時期に読み狂ったと思う。

長くなるので2部に分けてアップしようと思います。

2部はお気に入り作品目白押し。
posted by たいき at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山秀夫