2012年08月14日

集中稽古!

トウルースシェル・プロデュース夏公演「無貌の漂流」も稽古場を移り、いよいよ集中稽古に入った。

本日からキャスト全員揃い踏み!

演出の動きもダイナミックになってきてとっても楽しい。

体も疲れてきて大変だけど、楽しい現場です。

これは良い舞台になります。
posted by たいき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月28日

うわぁ。

忙しい日々が始まった。

ずっとブログでオールスターのことなんかを書こう(ノリさんがかっこよかったとか、畠山が地元で頑張ったとか)と思ってたら、ビックリ仰天!

朝目覚めたらイチローはヤンキースに電撃移籍で、その日に古巣マリナーズと試合。

アラーっと思ってたら、今度は松井が戦力外通告。

ブログでちゃんと書きたいんだが、頭に余裕が無くて何にも書けない。

時代は変わってく…。


「無貌の漂流」の稽古は、これまでのトゥルースシェルとは明らかに違う感じ。

座組は新たな地平を目指し、今までとは違うところにたどり着けそうだ。

ともかく、疲れで涙腺が脆くなってるのか、初日から胸に来る。

高橋と随分打ち合わせを重ねたが、そのエッセンスがちゃんと出てる台本になった。(まだ直してるが…)

これはおもしろくなると、確信が生まれてきている。
posted by たいき at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月19日

「無貌の漂流」稽古初日。

無事に稽古初日。

苦労してここまで来た。

これからが本番だ!
posted by たいき at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月18日

稽古初日!

今日からついにトゥルースシェル・プロデュース公演「無貌の漂流」の稽古が始まる。

台本もなんとか修正して、最終稿までこぎつけた。

台本執筆に難航して、特に今回初演出の高橋カズには多大な迷惑をかけたが、これでなんとかスタートできそうだ。

春から知り合いの芝居の誘いも大分不義理をした。

家族にも迷惑かけた。

そして、今回もまた強力なキャスト、スタッフが揃ってくれた。

同世代が多いので、楽しい稽古場になりそうだ。

そして、おもしろい芝居になると思う。

色々もう一頑張りだ!
posted by たいき at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月11日

やっと…。

第4回トゥルースシェル・プロデュース公演、「無貌の漂流」のキャスティングがやっと決定する。

関係者、協力していただいた方々、誠にありがとうございました!!

公演情報もここにきてバタバタと更新されております!

どうか、よろしくお願い致します。m(__)m

来週からの稽古開始までまだまだ頑張らなくちゃ!
posted by たいき at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月12日

ついに…!

第4回トゥルースシェル・プロデュース公演、「無貌の漂流」の第一稿があがる。

やった…!

今回も…気がおかしくなりそうだった…。


思えばまさに去年、初の劇場進出でこれからという時に震災があった。

悲しみと混乱でどうにかなりそうだった。

芝居を観に行く度、パンフのコメントなんかに震災以降の演劇表現は変わった、いや変わらざるを得ない、という言葉を目にした。

自分はどうなんだろうと自問した。

どんな状況だろうと、人が面白がるもの(もちろん世相で興味のもたれ方は変わると思うが)に劇的な変化はそうは起こらないとは思っている。

やっぱり人を普遍的に感動させる表現やテーマは、そうは揺るがない。

しかし…自分にとっては、やっぱり、トラウマなのだ。

だから自分なりに向き合うしかない。

それは復讐でもある。

何に対してかは、最近見えてきた。

それも台本に書いた。

後は、なんとか形にしてやる…!


今回、演出の高橋和久に随分励まされた。

台本も、直しは絶対出てくるがなんとか出来た。

これからは役者としても座組に入っていくし、制作の仕事もまだまだだ。

応えていくようにしたい。


これまで、ヒーロー、ゲーム、コミックと、ポップカルチャーを題材にトゥルースシェルは芝居を創ってきました。

今回は、震災、洪水、戦争など、重いものが一杯詰まっています。

でも、この広い世界の中で、宇宙の中で、自分というものを、人間というものを信じられるような、そんな作品になるだろうと思っています。

今回の舞台は、ジャンルとしてはSF≠ノなるのかもしれない。

でも僕自身は、今回の物語はこれからのこの国≠ノついての、ある寓話≠セと思っています。

これまで演出高橋と、水面下で各方面と交渉を繰り返してきました。(今回は高橋和久プロデュースと言っても過言でないくらいの働きっぷりです)

公演詳細の方も、今月中に更新しようと思っています。
posted by たいき at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月29日

わぁ…。

ちょっとプロ野球から目を離してた隙に、ヤクルト9連敗。

だぁははっ!!

●●●●●●●●●

…。

あれあれ?!

交流戦は強いとか言ってなかったっけ?!!

この間のブログ更新から巨人と立ち位置が代わっちゃってるよ!!!

…まあ、なんだろう、これで広島に急接近していくと危険だが(広島のあの悲壮感)、息子と試合を見に行く時は頑張ってほしい。

観戦するのは一応、保険をかけて西武戦だし。(昔は好きで西武球場にも試合を観に行ったのに…失礼過ぎるな)

いや、もしかしたら西武西口さん先発が観れるかもしれない、という意味でもあります(土曜の西武戦は8−1で大負けだったが)。

そしたら負けても納得だ。

メジャーに行った青木が頑張っている。

決して多くないチャンスをものにしている。

シーズンが始まる前の言葉通りだ。

見習うべきだ。

そしてブルージェイズ五十嵐(元ヤクルト)が戦力外通告。

マイナーで無双状態と聞いていたので、寝耳に水だった。

厳しいなぁ。

でも世の中は厳しいのだ。

マリナーズ川崎が監督に言われてから本当にキャッチャーをやってるらしい(ブルペンとかで)。

前にも書いたが、もし、また超延長戦とかになって選手が足りなくなった時、ピッチャーイチロー、キャッチャー川崎なんてのがありうるんじゃないかと妄想してみる。

いや、妄想はもういい、早く自分の仕事を片付けるんだ、真貝君。


最近、夏公演演出のカズと行動することが多い。

こんなことブログで書きたくないが、もう甘えてらんないんだよ、真貝君。


…今、この記事を書いてたら、震度3の地震がおきました。

くる直前、外でなんか明らかにドドドッて音がしてこれはヤバい、と一瞬思いました。

ちょっと余震があって、怖かったです。(´;д;`)
posted by たいき at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月12日

深夜。

一度寝て目が覚めるとなかなか寝れなかったりする。

昨夜はテレビで「ナウシカ」がやってた。

出た!

ジャパニメーション(死後)の誇るパーフェクト超人ならぬ、パーフェクトヒロイン!

改めてレジェンドなアニメなのだなと、最近追い詰められているせいか涙腺緩みっぱなし。

男の子なので「ラピュタ」の方が好き、かつ、劇場版「ナウシカ」はなんか完璧過ぎて見ててケッと思っていたが(原作信奉者というのもある)、もうなんか中盤からすべてのシーンが泣ける。

と言うか、世界滅亡ものの作品でやたらストイックでパーフェクトな人物(「ナウシカ」のユパ様然り、「ザ・ウォーカー」のデンゼル、「北斗の拳」とか)が出てくるのは、そうでないと生き残れないからだよなぁ。

まだ「ナウシカ」は風の谷の人々で心が和むからいいが…。

「ナウシカ」を観てるとどうしても原発事故と繋がってちゃうが、やっぱりこんな荒廃した世界、嫌だなとコーマック・マッカシーの「ザ・ロード」を最近読んだ自分は思いました。

ちなみに「ザ・ロード」は映画も見て感想を書きましたが、小さい息子を持つパパには「火垂るの墓」級にきついリアル世紀末救世主伝説です。

そう言えば「ナウシカ」は昼寝し過ぎて寝れなくなっちゃった下の子(普段は夜更かししません)と途中から見てたが、息子はしっかり見て尚且つ、おもしろかったようだ。(実写は怖がるが、アニメの虫や巨神兵はあまり怖くない?)

次は「ラピュタ」鑑賞会で決まりだな。

宮崎駿先生万歳。

しかし竜巻とかホント、子供いるとこの国、この世界心配なんだが…。(独り身だったらもっとめちゃくちゃになっちまえよ、とか思ってたかもしれない…)


携帯のソーシャルゲームのガチャが規制されるとかで、未成年も金突っ込めちゃうのは絶対に問題。

去年、「LOST!?」というネットゲームを題材にした芝居をやった時に結構話題にしたが、やっぱり被害、と言うのか多数にならないと問題視されないんだなぁ。

ゲーム内のRMT(リアル・マネー・トレーディング)を描く時、今回問題になってるガチャの設定を使おうか座内でも話し合って少し悩んだ時があった。

だって、芝居のキーポイントになるレアアイテムを落とすモンスターを舞台上に出したかったけど、実際は出せなかったから。

ガチャなら簡単だし、その頃はあまり知られてなかったからインパクトあるかなと思った。(が、知られてないとかえって何をしてるのかわからない)

やらないか、課金しない範囲でやりゃいい話なんだろうけど、携帯でってのがミソ。

はっきり言って周りで迷惑な事案が出てる。

ある人にとってはギャンブルと一緒で、明らかに感覚おかしくなってる。

ポイントが溜まるのか知らないが、真夜中によくわかんないポチ(ポチってなんだよ)お願いメールとかちょっとなぁ。

顔知らないままならまだいいけど、一線超えてリアルの人間関係に持ち込んでトラブルの元になるのはネトゲと一緒。

去年の芝居で取材した身としては、結構これまで散々言われてたことが今更かよという感じもある。

まあ、それでも人が集まる以上、そこで素敵なことが起きることがあるってのも芝居で言った通り。

否定はしないけどほどほどに。

ただ、やっぱり息子にはやってほしくない。


株価が急落したとかでDena横浜がちょっと心配。

G・W中のチケット返金システム‘熱いぜ!チケット’も引いた。(勝ったのに金返せって…)

球団が持てるくらいの急成長って…バブルだなぁ。


遅まきながらヤクルト宮本さんが2000本安打達成!

大卒でこれは凄いんじゃないでしょうか。

夏は息子連れて観に行くぜぇ、神宮!

野球は井川が早々に一軍登板して早々に降板とか、コールドゲームのために楽天がわざと三振とか個人的に話題は欠かないが、メジャーリーグで延長17回だかで両チームとも投手を使い切り、野手が投げ合ったってのがおもしろかった。

結局、投手経験のある野手が投げた方が勝ったが、日本じゃ規定あるから、イチローだったらどうだろとか妄想してしまう。

いい球投げて抑えそうだ。

あしかしマリナーズは打線が…何年に一度しか見られない完全試合やられるって…。


昨日から初日の劇団桟敷童子公演「軍鶏307」に、トゥルースシェル次回公演の仮チラシが折り込まれてます!

さあ、早く台本を書く仕事に戻るんだ。
posted by たいき at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月02日

劇場見学。

※トゥルースシェル・プロデュースの公演情報を更新しました!


今年のトゥルースシェル公演で演出を担当する高橋カズと、照明家の赤石さんで劇場見学。

今回は演出が高橋君ということで、スタッフは全員彼の身内に頼むこととなった。

赤石さんとはたまたま以前飲んでいたのでそうでもないが、初対面の方々ばかりなので緊張する。

人としてもそうだが、もう少ししたら台本を渡すことになっていく。

これでどう判断されるのかとか、余計なこと考えちゃったりする。


その台本も、今日カズと話しててようやく頭の中でプロットが形になってきた。(むろん、まだ苦しみは続く)

昨夜の段階ではひょっとして俺は無謀なことに挑戦しようとしてるのでは?

書いていて今回ばかりは形にならんのじゃないかと青ざめていたが、どうにか光明が見えてきた。

遅いのは承知だけど、そしていつも自分で自分を不利にしてしまうが、こればっかりは実感にならないとしょうがない。

もうプロデュースなんかやめようとか色々考えるが、去年の今頃に比べたら助けてくれる人が増えたのでそこに甘えないよう頑張りたい。(もちろん、あの時も助けてくれた人がいたことを忘れない)

今、自分がやれる表現になればと四苦八苦する。



(こっからは現実逃避タイム)

ダルビッシュが4勝目、稲葉が2000本安打達成、宮本ももう少し…この二人がヤクルトで一緒だった頃、とある野球ゲームに熱中していて、能力以上に活躍していた。

あの頃は古田もペタもラミちゃんも、真中も飯田もいたなぁ…。

どりゃ、ヤクルト一位!

と思ったら同率首位。

まだ4月も終わったばかり。

去年のことがある。

夏まで野球はお預け。

館山がオフに怪我して一瞬、えぇってなったけど調子良さそうで何より。

頑張って〜。

そう言やゲームの時は伊藤もまだ投げてたなぁ…土橋、度会、石井、んで池山さんと皆コーチだわ。

俺も体きかんくなってきたし…そりゃ昔からか。

ゴジラ松井がレイズとマイナー契約。

あれ?

とあるチームともう契約済みで、身売り話のゴタゴタで表沙汰にできないとかじゃなかったの?

ともかくメジャーに復帰してほしい。

やっぱりまだ見たい選手です。

そう言やゲームやってた時代はゴジラ、バリバリでおっとろしかったなぁ。
posted by たいき at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月26日

誕生日。

本日で私も37歳。

時間は容赦無く経過していく。

特別に感慨深いことも感傷的なこともなく、ひたすら夏の芝居のことばかり考えてる。

やっぱり昨年が色々あり過ぎてそれなりに鍛えられたらしく、精神的には落ち着いているものの、たまに大声で叫びたくなったりもする。(それを不安定というのか…)


ダルビッシュがヤンキース相手に3勝目。

黒田も負けたが好投。

味方の援護に恵まれなかったことに対して、「慣れているから」とのコメントがらしい。

昔、ちょっとソフトボールをやってた時に、エースの人が黒田のことを不遇に言っていたが、その人の評価通り、メジャーでも変わらぬ安定感で活躍している。

同い年としてうらやましいほどのプロフェッショナルぶりだ。

そう言えばマリナーズが完全試合で負けたが、こんだけ貧打ならアスレチックスとのマイナー契約が言われている、松井とかダメなのかなぁ。

日本のスター選手陣で動員も上がりそうなもんだけど。

貧打と言えば国内も、というか我がヤクルトもパッとしない。

でも同率首位。

でも地味。

いいんだよ。

しかしヤクルト出てからの稲葉さんとか目を見張る活躍だぜ。

宮本さんと言い、今年は記録達成が目白押し。


前回のブログで懐古心かロボットの話をしたが、すっかり落ち着いた。

誕生日プレゼント?

んなもんいらん。

アイディア降りて来い。

寝る前は少年に戻って野球のことを想って寝るんだ。
posted by たいき at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月22日

暖かくなってくると…。

元ヤクルトの青木がメジャーでランニングホームラン。

決して多くないチャンスですげー頑張ってる。

去年、五十嵐みたいな微妙なことにならないでくれと書いたが、本当に頑張ってほしい。


さて、本当に頑張らなきゃならんのは俺だ。

ここ毎年、梅雨くらいまでの期間、おかしくなる。

理由はもちろん、台本執筆。

生活リズムなんかも崩れるし、話が進まないとやっぱり辛い。

今日は息子と少年野球の親子体験をする。

おみやげまでもらって気を使うな…。

中学年までの2部は子供が少ない。(サッカーやってる子も高学年から野球に移るケースが少なくないらしい)

野球のことなら少しは分かるので、やっぱり時間の進みが早い。

やってほしい気持ちもあるが、子供次第だし、結構練習の拘束が長い。


帰ってパソコンの前に座ると、なんとなく少年用のグローブなんかをアマゾンや楽天なんかで見てしまう。

最近、子供がドラえもんが好きで、一緒に鉄人兵団のリメイクを見る。

我が家で軽いロボットブームが起きる。

やっぱりアマゾンで、昔憧れたロボットのおもちゃをなんとなく見てしまう。

ガンダムはもうさすがに熱は落ち着いたが、コンバトラーVとかのスーパーロボからガンダム以降のリアルロボット、ボトムズやダグラムとか…マニアックで失礼…。

子供が生まれてから頭が子供帰りしているところがあるが、ガンダムのプラモ作ってた頃からよりももっと遡ってる?


子供の頃、スーパーロボの超合金とかおもちゃがすごく欲しかった。

親は小さいサイズのライディーンと、後にどうしてもとせがんでダイモスというトレーラーから変形するロボを買ってくれて、それをよく足に落としたり頭にぶつけたりして、べそをかいた。

ほとんど再放送で見てたけどその手のアニメが当時はめちゃくちゃあって、画像を見ると思い出してくる昔の憧憬。

ガンプラは大ブームだったので結構作ったが、他のものはリメイクされたデザインで随分凄いのが出てて、もはやなかなか手に入らない物も中にはあるらしい。

他人のブログを見ると、家電量販店やドンキ・ホーテなんかで唐突に投げ売りしてる場合があるとか。

いつかそんなタイミングに巡り合わないかな、なんて大人気ない空想したりする。

なんだか、昔好きだった人に街中で偶然出逢わないかな、くらいの甘い妄想だ。

というか、それがおもちゃなのが情けないぞ。


そんなこと空想してる場合じゃないのだ。

また酷い夢も見るようになった。

頑張らなければ。

来週は誕生日だが、その時のプレゼントととしてせいぜい空想だけでも楽しもう。


今必要なのは青木選手のように、レフト線ヒットを全力疾走してランニングホームランにする勢いだし、まずバットを振ってボールに当てなければ。
posted by たいき at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月11日

春。

暖かくなってきた。

メジャーではダルッビシュがついに実戦登板。

かなり期待してたが、イチロー(3安打! これだけ見れても良かった)のヒットを皮切りに危うく一回ノックアウトになる様に、テレビの前で思わず声が出る。

わーって。

もともとレンジャースは打撃戦で勝つのが持ち味のチームだということは聞いていたので(本拠地もホームランが出やすい)、結局倍以上の得点差で勝ったのにはうなずけるものがあったが、課題の残る結果になった。

硬式野球を経験してない元野球少年のミーハーファンの僕は、やっぱり活躍を期待してますよ。

同じ試合でマリナーズの川崎が活躍していたが、やっぱり見る目が違う。

川崎には頑張れーと、まるで他人の子供が何かを一生懸命に頑張る姿に対して微笑ましく見守れるような雰囲気があるが、ダルビッシュには幼い我が子を留学にでも出すような、教育費などでお金をかけた子供が大事な試験か何かで結果を出せるのか、というような期待と不安がある。


子供と言えば、本当の僕の子も卒園、入園、入学式と区切りの春になった。

今後のことを考えると、親も子も不安は尽きないがスクスクと育ってほしい。


昨日は実にいろいろなことがあり、今後の自分の行く末に対しても考えさせられる日となった。

先月、演劇学校時代の恩師と舞台をやり、その芝居の大きなテーマにも刺激を受けて気持ちがノリだしている。

芝居で酷使した膝などのダメージもようやく抜けた。

さあ、次は8月29日から始まる我がトゥルースシェル・プロデュースの芝居だ。


現在、仮題には「パナケイアの微笑み」とある。

TPPによって薬事法が変わった近未来の日本を舞台に、新薬を巡る人々の群像劇を考えていたが、今は変更しようと考えている。

演出を担当する高橋とも話を詰めてるが、「パナケイアの微笑み」のプロットも生かしつつ、もっと今、自分が実感を感じられる題材に変えようと思ってます。


そして、個人的にファンの劇団桟敷童子の同級生女優、もりちえ嬢の参戦が決定しました!


もう少しまとまってきたら、また公演情報も更新しようと思ってます。

不安は尽きないが、もうやるしかない!
posted by たいき at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月24日

あっという間に。

実にあっという間に、電撃ミュージカル「ブンナよ、木からおりてこい」の本番が来てしまった。

急遽、出演が決まったのが今月の頭。

実に濃い日々だった。

舞台に出ずっぱりなので、ともかく時間が経つのが異常に早い。

休憩時間も非常にタイトだったので、体が休まる間もなく、ともかく色々なところ、特に膝が痛かったが、それも慣れてくると治ってきて、慣れてくるとダメージをどんどん少なくしていける。

台本を読む時間もたくさんあったわけではないのに、どこか自分のルーツに触れるような不思議な感覚があって、気持ちが迷ったり、折れそうになったりすることがなく、没頭できた。

恩師篠崎先生や、共演者との作業も楽しかったし、もっと応えたいとこの段階でも思う。

しかし演出家篠崎光正の超絶演出…。

キッズバージョンじゃなかったら、一か月弱で出来たかは不安だ。

芝居の内容自体は大人も子供も関係ないのだが、演出でセットの転換を客前で見せ物にする上で、今回は一幕のセットを子供サイズにしている。

これが大人サイズのセットだったら、もっとヒーヒー言ってたはずだ。


普遍的な物語だし、役もテーマを背負うやりがいのある役だ。

仕掛けもたくさんある芝居なので、息子も含めて子供がどんな反応をするのか本当に楽しみだ。

明日からの二日間は燃え尽きたい。
posted by たいき at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月11日

あれから一年。

今日は色んなところのブログが、一年前の震災の事に触れてるんじゃなかろうか。

現在参加している稽古場でも、本日は黙祷を捧げる。


あの3・11から数日間、当時は公演の稽古中だったが、体から何かエネルギーのようなものが抜けていくのを感じた。

「もう、芝居どころじゃなくなっちゃったのかな…」

何度芝居の修正や書き直しを考えたがダメだった。

芝居はなんとかやった。

でも実は公演が終わってから一か月後、具合が悪くなった。

憂鬱とかじゃなくて、体が圧迫感を感じて、ビニールか何かでラッピングされたような感じになる。

とにかく息苦しい。

部屋にいると部屋の真ん中から見えない大きな風船が膨らんで、それが体を圧迫する感じ。

音楽や映画なんかで気晴らしをしようとしても、何も感じない。

特に音楽への間隔が無くなったのは致命的で、ちょっと病院に行こうかと妻に相談して泣かれた。

自分的には心の風邪かな、くらいの間隔で、薬で少しでも楽になるならと思っての言葉だったが、ちょっとしっかりしなくちゃなと思い直した。

家族も不安だったのだ。

空いている時間はひたすら歩いた。

歩いて歩いて気を紛らわした。

精神的に苦しい中、9月の台本を書いて、また芝居をした。

妻の一言で楽になり、息苦しさは無くなった。


そう言えば4月の時に頑張って捻出した義援金はどうなったのだろう?(赤字を抱えて出したのに!)

今だ被災地に届いてないなんて、怒りを通り越して、呆れる。

子供の前で、努めて笑うようになった。

なんだかとても涙もろくなり、自分は弱くなった気がした。

でも、今、本当に必要なのは、もっと怒ることなんだろうか。

あの時、現実に対してすぐにカウンターパンチのように‘怒り’を発信することができなかった。

去年の4月の舞台で、こういうセリフがあった。

「誰も責任とらない世界だ、好きにやらせてもらうぜ」

なんだか好きにやらせてもらう気になれない。

本当はもっと自由になりたい。

バカタレ!と叫べばいいのだろうか。

でも自分もバカタレだしなぁ…。


復興はまだ先のことになってしまうようだし、解決されない問題は山積みだ。

今回参加している「ブンナよ、木からおりてこい」という演目を、子供たちと上演することには個人的には大きな意義を感じています。

でなければ、演じててこんなに涙が出ることもないだろう。

一昔前だったら、ひょっとしたら出演してなかったかもしれない。

今回、急遽出演が決まったので時間はあまり多くない。

でも…


命のバトンを渡していく。


このテーマを、子供たちとこだわって創っていきたい。

体は痛いのだけれど…。
posted by たいき at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月29日

うるう年。

4年に一度の2月29日うるう日。

この日に誕生日だった友達がいた。

今はもういない。


今日は雪が降った。

最近はなんだかとてもバタバタしてる。

舞台も今月は随分観に行った。

そうそう、劇団キャラメルボックスを初めて生で観た。

後輩が出ていたのだが、とても楽しかった。

野田秀樹さんの「THE BEE」も観た。

いつものスケール感のある物語ではなく、ディープな演劇体験だった。

中盤からの、登場人物の報復のし合いが日常化していってしまうシーンにはなぜか涙が出た。

屋外から屋内、大人が子供に早変わりするなど、自分には到底無い発想力で目を見張った。


そう言えば、今日が誕生日だった友達は、野田秀樹さんの舞台が大好きで、やはり自分には無いすごい発想力の持ち主だった。


なんにせよ、忙しい最近なので、いつもより一日時間が多くなるのは助かります。
posted by たいき at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月28日

Album更新してみました。

ちょっと前の舞台なんですが、アルバムを更新して「ひみつのアッコちゃん」の舞台写真をUPしました。

去年の年末にやった「白白」の舞台写真も上げていきたいと思います。


パソコンをなんとか復旧したと思ったら、今度はPC起動中にブレーカーを落としてしまって(雪も降ったし寒くなったなぁ)、その時にモデムが逝く。

受難が続くなー。

モデムは新しいのに交換してもらったが、今週はパソコンに時間を取られたなぁ。
posted by たいき at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月18日

なんとか。

なんとかパソコンを復旧する。

でもまだ元の状態に完全に戻すのには、少々時間がかかるなぁ。

ちょっとづつやっていこう。

読まなきゃいけない本や読みたい本、録画したもの、見たい映画…溜まってるなぁ。
posted by たいき at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月16日

うわぁ。

パソコンが使えなくなる。

正確にはウィンドウズは立ち上がるのだが、ネットはもちろんのことワードやエクセル、オーディオのスピーカーなど、基本的なシステムが立ち上がらなくなってしまった。

発端はパソコンを立ち上げる時に、いつも出てくる携帯のバックアップソフトのエラー表示(何かファイル足りないとか言い続けてた)を消そうとしてあるファイルを適用させないようにしたのが原因だ。

それからプログラム内を検索しても原因のファイルは現れず(dllとついたexeは追跡が出来ない?)、方々に相談したが結局再インストールすることになった。

これがまためんどくさくて、特にitunesのバックアップにてこずっている。

外付けのHDDにデータを移そうと思ったのだが、バックアップ前のライブラリの統合でエラーが出てしまうので先に進めない…。

そのままミュージックのファイルをバックアップしようとも思うのだが、なぜだか最新の状態じゃなくて曲の取りこぼしが出る。

1万曲近く入っているのでバックアップの失敗は許されない。

わー。

胃が痛い…。

それにしても30過ぎてからの生活は、相当パソコンに依存している。

買い物もほとんどのものが、送料無料なんかのアマゾンの新品なんかを買った方が街に買い物に行くより安くなる。

食材なんかもたまにネットで買うようになった。

字が汚い自分は台本の執筆もワードでやっているので(思いついたことや簡単な台詞のやり取りはメモにとったりする)、今の状況はともかくやばい。

レコーダーをもらったので思いついたネタを吹き込んだりもした時があったが、書き出してから圧倒的に話を膨らますタイプなので、作業の時はじっくり腰をすえる必要がある。

この日記の更新のために使ってるノートパソコンで、出先で遊撃的に執筆…なんてのも憧れたこともあったが、やっぱり落ち着かないし、そもそももらったノートパソコンはバッテリーもすぐ切れるし、最近立ち上がるのにも10分くらいかかるしともうスクラップ寸前だ。(さっきもフリーズしかかったし)

だいたい、これまでのトゥルースシェルの3本の芝居もアラスジはいつも凄く稚拙で(あれだけプロットは大事だとのたまいときながら)、書き出してからの方が圧倒的にノる。

そろそろ色々、ヤバイ時期になってきた。

パソコンを早く復旧させて、作業に入ろう。

ああ…だからお願い、どうか無事に事なきを得ますように…。
posted by たいき at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月01日

明けましておめでとうございます。

昨年は大変な年でございました。

年末に昨年のまとめを色々やろうかとも考えたんですが、やめました。

今年が良い年でありますように。
posted by たいき at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月23日

終わって…。

20111218132622.jpg

舞台「白白」、無事に終了しました。

いや〜今年は舞台、頑張ったなぁ。


帰って寝て起きたら、金正日死んでるし今年はなんだか色々あり過ぎて頭がまとまらない。

そしてもう年末。

ぼーっと過ごしたいが…。

ともかく今回の舞台をやって、改めて俺芝居好きなんだなと思いました。

後、やっと落ち着いてどんな状態でも芝居できるような自信がついてきました。

トゥルースシェルで苦労したのが、そこら辺はプラスになったみたいだ。

さあ、年始から次の台本を考えださなきゃな。
posted by たいき at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記