2013年08月29日

トゥルースシェル・プロデュース ワークショップのご案内。

2014年7月17日〜7月21日に上演される、トゥルースシェル・プロデュースの本公演「箱舟の行末(仮)」に向けて、オーディションを兼ねたワークショップを開催します!

参加条件:不問。稽古、公演期間に参加できる心身共に健康な方。

講師:高橋和久(前回公演「無貌の漂流」演出家)
   真貝大樹(トゥルースシェル・プロデュース主宰)

期間:1月18日(土)から隔週で週末一回。6月公演稽古開始まで。

費用:初期参加費2,000円。以後一回1,000円。

場所:新宿区内。

コンテンポラリー・ダンスの手法も取り入れた、インプロビゼーション(緊張、緩和、即興)の実践や、主宰真貝大樹の戯曲の読み合わせ、立ち稽古、劇的空間を構築していくためのブレインストーミングなど、上演を前提とした演劇表現を模索、追求していきます。

トゥルースシェル・プロデュース概要・軌跡
トゥルースシェル・プロデュースとは、主宰真貝大樹が立ち上げた、演劇活動体です。表現、公演形態など、柔軟で幅の広い表現活動を目指し、演劇における今日的なテーマを追求していきます。
旗揚げから4年目。
全公演、主宰真貝大樹の書き下ろし作品を上演。
09年「COLORS 〜バトルエレジー・ビクトレンジャー〜」
11年「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」
11年「NIGHTDREAMER 〜コミックヒーローの夜明け〜」
12年「無貌の漂流」

講師:高橋和久(演出家プロフィール)
前回公演「無貌の漂流」で演出を担当。横浜ボートシアターで約十年間中心的なメンバーとして活動。シンガポールでの初舞台以降、ヨーロッパをはじめ国内外で公演を行う。故塩屋俊監督の遺作となった「HIKOBAE2013」では、監督のサポートをしながら出演し共同で演出を行う。

「箱舟の行末(仮)」概要
本番期間:2014年7月17日(木)〜7月21日(月)
劇場:すみだパークスタジオ(倉)
作:真貝大樹
演出:高橋和久
出演:逢川大樹、瀬下智子、菊地真之、北村泰助、他
出演条件:公演は30枚ほどのチケットノルマを予定しております。チケットバック有り。

あらすじ(予定)
紀元前3世紀頃。戦乱の中国大陸。引き裂かれた息子との絆を取り戻すため奔走する遊牧民の母親、レイ。やがて息子に纏わるある計画を知ったレイは…。
2014年現在。幼馴染のアキとヒロは別の会社に勤めるサラリーマン。通勤中のホームでたまに会っては他愛のない話をする仲だったが、アキはヒロの異変に気づく…。
23世紀。宇宙に飛び出した人類達。テラフォーミング(地球化)計画に失敗した火星で、ノマは過酷でも慎ましく穏やかな生活に満足していた。そこに地球での反政府運動の仲間だったレナがやってきて…。
星と星、時間と時間の間で起きる、自由を求める人々の悠久の物語!

連絡先:090-7635-6016(真貝)
プロフィールなどはこちらへお願いします。

truthshellproduce@gmail.com

トゥルースシェル・プロデュース主宰:真貝大樹(シンカイタイキ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73598183

この記事へのトラックバック