2012年08月27日

菊地真之!(「無貌の漂流」)

トゥルースシェル・プロデュース公演「無貌の漂流」の幕開きに使う、CG動画がついに完成する!

うおおおっ!

これは燃えた!!

製作者の青山様とは、まだ紹介していただいた当初、台本が最後まで出来てなかった関係で、実はワタクシがずっと構成などを打ち合わせしてきたのだ。

まさかトゥルースシェルの公演で、CG映像を使うことになるとは夢にも思わなかったぜ!

しかもこれがめっぽう、クオリティーが高いときた。

きっと皆さんビックリされますよ。

西本君の作ってくれた音楽もイカしてるし←これマジですよ! トゥルースシェルは音楽にもこだわってきましたからね!

本当、この度の公演は演出の高橋カズ様々だ!!


さあ、キャスト紹介です!

こちらもいよいよ終わりに近づいてきた!!

9人目は菊地真之!

IMG_0369.JPG

写真は渡部篤朗風でうまくごまかされているが、こいつは絶対、弟タイプだ!

長男じゃねえ!!

渡部篤朗と言えば「外事警察」おもしろかった!

映画版も観てぇ!!


菊地ちゃんはなんか甘えん坊なところの残る同世代。

元高校野球児で、チームも持っている。

そして絶対、俺より野球がうまい。(当たり前だ)

うらやましいぜ!

実は第2回公演の「LOST!?」の時にカズのお客さんで観に来てくれて、飲んで一緒に帰ったのが馴れ初め。

その時、出演したい、ということを言われた、かもしれない。

その時は酔ってたから次の公演のキャスティングの時に思いつかなかったが、第3回公演「NIGHTDREAMER」の時はダンス振付の彩乃美紀さんの知り合いで、三人で飲んだ時に本格的に次はやろうということになった。

奴(菊地)と彩乃さんとの馴れ初めも、ちょっと危険な匂いがするぜ。

彩乃さんがレッスンしてた稽古場の外に張り付いて、外からいつも見学してたらしい。

まあ、高校生だしな!

丸坊主だったってのがまた可愛いじゃねーか!!


これまた芝居を一度も見ずに、演出のプッシュでハルから主演候補だった。(こんなんでいいのか、トゥルースシェル!)

が、蓋を開けてみたら(この表現好きだな、俺)5月だか6月だか結構差し迫っていた時期にオファーしたと思う。

役をどうするかで少し時間がかかったのだが、ちゃんとスケジュールを空けて待っててくれた。


野球人であるが、根っからの役者気質だ。

本当に役者業が好きなんだなぁというのが伝わってくるのと、一度もお痛をされたことが無いようなウブな感じがあるのが同世代としてちょっと妬ましい。

こいつは弟だ!

俺は長男だからそこが可愛く見えてしまう時がある。

罠だ!

こうやってこいつは野球少年の爽やかさとか、大らかさとか、ともかくそんなポジティブなイメージでもって、厳しい現場を泳ぎ、時に共演の女の子を口説いたりしたに違いない!(酷い誤解だ)

どうして同じ野球をやっていたのに、俺はオヤジ臭くて、菊地は爽やかなんだ!(僻み)

クソ〜。

でも芝居はいいぞ!

凄くノッてやってくれてて、観てていいぞ!!

演出と共演者にはダメ出しの毎日だがな!!!

一緒に酒飲むと楽しいし、ちゃんと飲まないで帰る時は帰るのも好感持てる!

というか、今回はなんか異常事態を起こしているオジサマ達がいるぞ!

気をつけろ!

帰れなくなるぞ!!

でも飲もう!!!

一年で芝居してる時くらいしか、俺はあんまり人と飲まないから。

楽しいぞ!

今度、野球誘ってくれ!!

嘘だ、兄より優れた弟などいないのだ!!!

野球やスポーツで人間関係が変わる様をよく見てきたからな!

いつも率先して、色々手伝ってくれてありがとう。

いつまでも役者をやってほしい。

同世代として。

あ、菊地君の演じる役は男≠ニ言って、謎が謎を呼ぶ役です。

どうやら2012年にもっとも近い時代の登場人物のようです!
posted by たいき at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57808855

この記事へのトラックバック