2011年08月30日

藤波聡!

第3回トゥルースシェル・プロデュース公演「NIGHTDREAMER 〜コミックヒーローの夜明け〜」、キャスト紹介を続けていきます!

キャスト紹介の中でも比較的早い登場は、本人的にはどうなのだろうかと気にかかるところです。

藤波聡

20110828202155.jpg

なぜかの眼鏡キャラ、そして中途半端な座禅。

しかし、この写真見てたら今回、役に眼鏡をかけさせるのも悪くないかなと思ってきた。


トゥルースシェルではフル出場!

エッジの効いた熱血漢で、メインの張れるトゥルースシェルきっての個性派です。

知り合ってから早3年。

本人は冗談で、チラシのキャスト欄でどんどん下になってってると言ってましたがどっこい、今回も癖のあるパートを担ってもらってます。


前回公演のキャスト紹介でも書きましたが、立ち上げ公演の時は主役をやってもらいました。

今回は失踪した漫画家、真島行勝のアシスタント時代の同僚で売れっ子漫画家になった、當野百之(とうのももゆき)役を演じてもらっています。

彼には割と、作品の毒の部分をいつも体現してもらっているような感じがします。

稽古の序盤に熱中症で倒れ、熱を出したのでちょっと心配だったのですが、無事復帰。

お芝居やってると色んなことが起きるもんですが、割と平然としてるのは知った仲間の多い座組だからかもしれません。

いや、もちろん本当に大変なのはこれからなのですが…。


というか今回は多分、役者人生の中で一番精神的に黒ではなく白い感じがします。(役はちょっとアレなんですが…)

精神的に白い黒いの元ネタは、「ガンダム」の富野監督さんの功績を揶揄する時に使われるネタで、登場人物を皆殺しにしてしまうダークサイドの黒富野さんと、ストーリーやキャラへ救いや優しさがある慈愛の白富野さんをネタにした言い方のようです。

こんなことを書くのは今日ふと思ったことがありまして、今回の公演は前回公演「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」で受けてしまったショックやダメージの、リハビリ的な意味も自分の中でひょっとしたらあるなのかなと一瞬、思ったからです。


藤波君は、知り合った頃は役者としてまだ駆け出しの感じでしたが、お仕事も決まりだすようになって良かったです。

関わったキャストさんが頑張っているのは嬉しいし、刺激になります。

今回も熱く場を動かす役どころですが、存在感に渋いテイストもあるのでどうなっていくのか楽しみです。

こんなこと言ってる時期でもないんですが、今日も彼のシーンで台本の変更があったりして作品が動いているので…。

そしてすいません、前回公演「LOST!?」の時と同じく、彼の役は実は最初のプロットには予定していない役でした。

結局フタを開けてみると、アテ書きになっているのは彼の存在感なのでしょう。

今回も楽しみにしてもらいたいです!
posted by たいき at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47632340

この記事へのトラックバック