2011年04月28日

芝居中の用語解説6!

いや、また一週間がサクッと経っちまいやがりました。

全然終わる気配の無い用語解説ですが、ともかく終わるまでやります。


えーん、もう次の台本書かなきゃいけないのにー。

祭り:

不謹慎な発言などからブログが炎上し、大手掲示板などで祭り上げられること。

これだけネット社会が発達しても、不用意な発言や行為は後を絶たず、今はツィッターなんか(一昔前はミクシィ)での発言から炎上する事例が多いようです。(フィギュアGP7位だった真央ちゃんへの、ラサール〇井さんの発言など)

無名ながらネットに顔を出してる身としては、いつかそんなことになったらどうしょうという不安もありますが…まあ、最近はそんなに時事ネタに絡みませんし…。

「ユグドラシル」サービス終了間際にやってきた佐々木が何故か祭り上げられ、娘探しがゲームの最後の一大イベントになる、という構想は当初からあって、割とアイディアとしてはうまくいったと自画自賛。


ダンジョン:

地下迷宮、地下迷路のことで、老舗RPGゲームのD&Dはダンジョンズ&ドラゴンズの略で、そのものズバリ、迷宮と竜。

RPGゲームを語る、または遊ぶ上では欠かせない要素の一つですが、やっぱり地下で迷路ってのが暗い印象を与えます。

今回の芝居も娘を探す冒険に出た佐々木が、とあるダンジョンで仲間とレベルアップしている描写が出てきますが、やっぱRPGゲームなんだしという気持ちで書きました。

リッチ風の骸骨モンスターを倒した後、もっとマニアックなゲームの話をしてた稿もあったのですが、世間話に変更。

当初は長いと思われたのが、蓋を開けてみると割と前半部分の流れはゲーム好きのお客さんにはウケが良かった。

ちなみにRPGゲームではないのですが、小学校の頃に遊んだファミコンゲームに「ポートピア連続殺人事件」というゲームがありまして、最後の方に「ウィザードリィー」のような3Dダンジョンが出てくるんですが(ガキなので、攻略本かなんかの地図を見ながらでも迷う)、別にモンスターが出てきたりするわけじゃないのに、一人で遊んでてめちゃくちゃ怖かったです。

魔法やたいまつが切れると真っ暗になっちゃう、ドラクエ1の迷路も怖くて苦手でした。

まあ、すぐに好きになるんですが…。


イベントモンスター(ヨルブンガンド):

レアアイテムなどを落とす特別なモンスターで、お目にかかるには条件があったりとか、ほとんど倒すのは無理なほど強いとか、ゲームによって扱いは様々。

「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」を上演するにあたって、2009年のトゥルースシェル第一回公演が終わった後にさっそく舞台監督の和方君に相談したのが、このイベントモンスターのドラゴンだった。

当初は登場人物が全員出てくる大規模なシーンを想定していて(居合わせた佐々木は偶然、レアアイテムをゲットする流れだった)、イントレにつけたハリボテでもなんでもいいから、ともかくでっかいドラゴンを舞台に出して、それに向かって皆で弓矢や魔法の変わりに打ち上げ花火を連射するような派手な演出をなんとかできないかと考えていましたが、当然のことながらNG。

それでもファンタジーRPGの世界をやるんだから(それこそダンジョンズ&ドラゴンズのドラゴンなんだから)、どーしたらドラゴンと闘うニュアンスになるか考えに考えた結果が…あの舞台裏での戦闘となった。

照明さんと音響さんが相当(特に音響の三木さん)フォローしてくれまして、なかなかシュールな雰囲気ながら愛着のあるシーンとなりました。

ドラゴンは尻尾だけでもいいから出したかった…。

ちなみに劇中に出てくるヨルブンガンドは、北欧神話のラグナロクに出てくる全てを飲み込むほど大きい大蛇で、厳密にはドラゴンではないのですが、最後のイベントモンスターだし、無理やり北欧神話に結び付けてみました。

エルフ達が崇めてた聖なる銀竜ファブニルも結構適当な後付で、もともと北欧神話ではあるドワーフが変身する竜で、しかもシグルズに退治されちゃうということで設定としてはかなりアバウト。

ちなみにファブニルはファフニール、ファフナーとも発音するそうで、「蒼穹のファフナー」というアニメにも使われてるそうです。

しかし、抽選でイベントモンスターと戦うなんて「ユグドラシル」だけだろうな。

ドラゴン戦を諦めようと思った時はレアアイテムゲットをガチャ(その名の通りガチャガチャで、換金された実質現金を突っ込んで、運と根気と財力でレアアイテムを引き当てる)でゲットさせようかとも考えたのだが、あまりに臨場感の無いシーンになるということで却下。

今ならそれはそれで、佐々木がン十万、あるいは百何万円くらい現金を突っ込んで、やっとミク非女と交渉できるアイテムをゲットするっていう流れも、ありと言えばありだな。

サブキャラ:

一人のプレイヤーが複数のキャラクターを持っている場合に使う言葉で、劇中でもああああがトールで出てくるシーンで使われた。

この一人のプレイヤーが複数のキャラを操る設定は初期の台本ではよく使われていて、ビックマグナム黒岩先生が自分のキャラを回収するために、シグルズとセカンドキャラ(酵素パワーのザブとか、やっぱりフザけた名前だった)でエルフの森に出かけたり、台本を立ち上げる前のプロットの段階では、娘の香奈も最初はサブキャラで佐々木の前に現れて行動を見守ったりとか、劇場アニメの「イノセンス」の少佐の登場の仕方に感銘を受けて、最後は別のキャラに香奈が降臨して、佐々木と共闘するとか色々アイディアはあったけど、話が解り辛くなるので全て却下。

今思うと、フレイの設定の前フリにやっぱり前半のどこかで一発説明しとけば良かったかなとも思ったけどともかくこの芝居、説明しだすとキリが無いのでどこまでお客さん達に設定を説明するか悩んで、また指摘の多い部分でもありました。


…また結構かかってしまった。

遅筆なので、そろそろ9月の台本にかからないと本当にヤバい…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44614726

この記事へのトラックバック