2011年03月28日

「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」公演に向けて。

4月7日から4月10日の間に上演が予定されている、第2回トゥルースシェル・プロデュース公演「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」の公演開催を正式に決定致しました。

まず、この度の地震の犠牲になられた方々のご冥福を祈り、被災された方々にお見舞いを申し上げたいと思います。

月並みですが、一日も早い復興を願っております。

今、被災地の方々の現実を思うと言葉を失い、演劇公演を今やる意味、意義を考えずにはおられません。

この公演の稽古に入った頃、今ほど舞台が愛しい時も無い、と思いました。

震災の後、こんな時でも舞台表現を追及するのが、僕等の営み≠セともブログに書きました。

そして自分は一年間、この舞台の為に苦心し、公演実現に向けて行動してきました。

が、何を言っても結局のところ、今、公演を行うことは表現者を志そうとする僕のエゴ≠ネのかもしれません。

今回の座組の仲間の中にも、故郷が被災した方々がいます。

何度か話し合いをさせていただきましたが、この公演実現に賛同していただき、共に楽日まで駆け抜けて行く次第です。

その話し合いの中でも出たのですが 、先日、調布市せんがわ劇場に舞台監督と訪れ最終的な打ち合わせを行い、また制作と協議して決定した幾つかの案件を明記したいと思います。



せんがわ劇場のある仙川町は現在、計画停電地域内に入っておりませんが、これから地域内に入った場合、停電時間帯の公演は中止とさせていただきます。

現在、京王線などの都内の交通網は徐々に平常時の運行に戻りだしていますが、不測の事態となった場合、公演を中止する場合が御座います。

また、遠方からのお客様に関しては、直接ご相談をさせてください。

前売り券を購入されたお客様の、交通網のトラブルによるキャンセルなどはチケット代全額返金、あるいは振替ステージのご案内でもって対応させていただきます。


原子力発電所の事故による放射能漏れが深刻化した場合も、公演を中止する場合が御座います。


以上の不測の事態を受けての公演中止の発表は、当HPとせんがわ劇場のHP(http://www.sengawa-gekijo.jp/)で随時、報告させていただきます。

また、前売り券を購入していただいているお客様には、ご連絡がとれる場合、こちらからご連絡いたします。


上演中に強い地震、余震が起こった場合、舞台監督、劇場管理の方の指示に従い、公演を中断します。

公演続行に支障があった場合は、速やかに舞台監督、受付運営の指示に従い、避難します。


事前に公演中止となったステージのチケット代を支払われているお客様には、全額払い戻しを致します。

その際、観劇希望のお客様には別日程の空席状況を見て、振替のステージをご案内させてください。

上演中の公演中止に伴うチケット代返金に関しましては、チケット代3500円中、1500円を返金させていただきます。


また、この度の公演の収益、物販の売上金の一部を、義援金として被災地に送りたいと考えております。



余震が続く現状がありますが、地震大国の我が国で完璧な対応マニュアルを用意することは困難なことです。

また、我々の想定を超えた問題が発生する場合も考えられます。

トゥルースシェル・プロデュース制作部としましては、問題が起きた場合、臨機応変に善処するよう努めたいと思っております。

ご理解とご協力をどうか、お願いいたします。


最後に、このような事態になっても公演についてきてくれるキャスト、スタッフ達には感謝の言葉もありません。

そして、当日来られるお客様にもまた、感謝と、今この芝居をやる真意を是非伝えたいと思っております。

演劇は、限られた時間と場所に観る、観られる人間が集まって、初めて成立する表現です。

今、僕等の置かれている状況で、舞台を観に行くという行為が、今ほど参加する≠ニいう意味合いを強く持つ時も無いのかもしれません。

是非、劇場にお越しいただき、この度の公演に参加≠オていただきたいと願っております。

何卒、よろしくお願い致します!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44016137

この記事へのトラックバック