2011年03月20日

あの日。

先の見えない状況ですが、トゥルースシェル・プロデュース公演「LOST!? 〜冒険者たちへ〜」、公演に向けての活動を、なんとか再開しております。

これから、当ブログでも公演に向けての活動を再開していきますが、その前に地震のあった11日当日を振り返りたいと思います。


地震のあった当日、当然ながら僕等は稽古場で稽古をしていました。

なかなか収まらない地震の強い揺れに身の危険を感じ、稽古場の前にあるやや広い駐車場の真ん中に避難しました。

表に出ると、空はどんより雲で、駐車場に止まっている車、そしてビル、電線が激しく揺れていて、恐怖を感じました。

これ以上強い揺れが起きたら、理性を保てずパニックを起こすんじゃないかと心配でした。

他の人たちも続々外に出てきて、やはり不安そうな顔だったのが忘れられません。

リアルに日本沈没が想像できて、ゾッとしました。

そして真っ先に思ったのが、家族の安否でした。

東京の被害で何を言ってるんだという感じですが、うちは春先の風でも揺れを感じるような、築年数の結構いったビルの4階。

しっかりとした地震対策をしてなかったので、食器棚、本棚、箪笥、タワータイプのCD、DVDラック、これまたラックに設置したテレビなどが倒れている光景が容易に想像できました。


これまでは非公開にしていましたが、僕には幼い息子がいます。


地震の間はほとんど身動きがとれなかった状態を考えると、妻と息子が何かの下敷きになってしまっている事態が一番不安でした。

結局、家族の無事は夜9時をまわった時点で、やっと繋がった妹の携帯電話で確認がとれました。(僕の使っている携帯は、地震直後から夜中までほとんど使い物にならなかった)

地震の時、家族は外出していたようで、なんとか事なきを得たようです。

しかし、地震発生から家族が無事だと確認が取れるまでの7時間あまりの時間、本当に心細かったです。

あの二度と味わいたくない不安な心持ちを、ずっと被災地の方々が耐えているのかと思うと、所詮、自分は被災地の当事者ではありませんが、胸が張り裂けそうな思いで、筆舌に尽くします。


それから稽古を再開するのですが、またすぐに強い余震があり、稽古を中止することにしました。

それからは皆さん、ご承知の通りです。

電車が止まってしまい帰る手段を失った僕らは、幸いキャストの中の一人がたまたま車で来ていたので、それに乗せてもらい、もう帰れないキャストを僕の家の車で送るべく、僕の家に向っていただきました。

もちろん、車に乗りきれず、なんとか歩いて帰れるキャスト達は、何時間も歩いて帰りました。

そしてあの渋滞。

まったく動かない車の列、強引にその列に割り込んでくる車に対する怒号、罵声、意味のよく分からない奇声、そして、車のカーテレビから続々流れてくる、深刻なニュース…。

深夜になっても車の渋滞は続き、その日帰れなくなった全キャストを家に送って自宅に帰ってきた時は、夜が明けて空は明るくなりだしてました。


それでも、車の中では、この公演の抱負を話し合ったり、稽古している場面や役の話をしたり、眠気を覚ますためにしりとりをしたり、音楽を流して皆で歌ったりしました。

ちょっとしたお泊り会のような雰囲気があったかもしれません。

何せ一晩中、一部のキャスト同士はあの不安を共有したのですから。

しかし、自宅に帰って改めてニュースを見て、疲れもあったのか愕然としてしまいました。

夕方くらいの段階での被害者の数が、蓋を開けてみると未曽有の状況となっていたからです。

戦慄したのを憶えてます。

同時に、芝居どころでは無くなってしまったのか、と思いました。


そして、今に至ります。

稽古、および公演に向けて、カンパニーは再始動しました。

僕が感動した芝居の一つに、こんなテーマの物語があります。

それは、世界の終焉に際しても、人は、‘人間の営み’を最後まで守り、継続する、というテーマの物語でした。

例えどんな状況下でも、人は人として理性を失わず、動物のように取り乱しパニックを起こさず、冷静であろうとするのは、ひとえに‘人間の営み’を続けようとするからです。

こんなことを言うのはおこがましいのですが、被災地の方々が理性を失わず、ひたすら現状に耐え、例えば物資の配給などで列を乱さないのは、それが秩序を守る‘人間の営み’だからだと解釈できます。

緊迫した状況でも、人間はいつもの営みを守り、継続することよって、少しでも失われた‘日常’を確認し、また取り戻せると思うのです。


そして、被災地からは距離も、切迫した状況も遠い東京にいる僕らですが、僕らもまた、僕らの‘営み’を守るべきです。

表現者である僕らの‘営み’とは、稽古場で演劇表現を追求し、来る公演に向けて準備することだと思っています。


例え、結末はどうであれ。


…ここまで書くつもりはなかったのですが、長文になってしまいました。

明日からまた、キャスト紹介などをしていこうと思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43922612

この記事へのトラックバック