2009年08月17日

「レスラー」。

外で仕事をしていたら、両腕に発疹のようなものが出て痒い。

外に行く時もキンカンを持ち歩いて塗ってたら、良くなってきた。


さて。久しぶりに…と言ってもつい最近、11月の芝居の参考のために劇場版の仮面ライダーと、スーパー戦隊のシンケンジャーを観たばっかなのだが(おもしろかった!)、映画を観る。


ミッキー・ローク主演、待望の「レスラー」だ。

先日、芝居を観に行った後に先輩達と飲んだ時、この映画の話題が出て話に入れなかったのがとても悔しかったのだ!

だってずっと観たかったから。

そして内容は…。


素晴らしい。


…こういった作品はこれまでにもあったと思う。

しかしミッキー・ロークの圧倒的な存在感が、俺の中でこの作品を他の映画と一線を画すものにした。

先輩役者の荒川さんが、エンドロールの後に席を立てなかった気持ちもよく分かったし、座礁しかけていた芝居の企画を強行したのも肯ける。


それに輪をかけて、この作品の主人公が輝いていた80年代だ。

ミッキー・ローク演じるレスラーは、80年代に栄光を我が物にしていた。

そんな主人公が言う。

90年代は最悪だ。

ニルヴァナが出てきてロックも変わってしまったと。

確かに90年代から9・11まで、神経症の時代なんて言った人もいたが、日本も鬱っぽい現代とは違い、バブルで80年代は輝いていた。

もうその黄金期は2度と来ないと言われるほどに…。

皮肉にも過去、ミッキーは浮かれた80年代は悪夢だったと自伝本で言っていたが、80年代後半、僕は思春期の中学生

ミッキー・ロークの主演している、どことなくB級っぽい映画にハマり、友達とガンズ・アンド・ローゼスを聞き狂っていた時代…。

そう!

この映画、一番良いシーンであの名曲がかかるのだ!

そして男として、俺はミッキー・ロークの大ファンだったのだ!

もうこれは泣いた。


人が夢を追いかけるということは、どこかで誰かに迷惑をかけてしまうものなのだ。

昔ある言葉を聞いた。

遠くの人を感動させるには、近くの人に憎まれることもある…。

それでも男は現実の荒野から、大空に向かって飛ぼうとする!


今年は3本しか劇場で映画を観てないが、強く、胸に刻まれた映画でした!!


※追記:前の晩にK−1で西山洋介とアーツの試合を観た。

…なんだか宝塚の女優が、舞台そのままの演技でTVドラマに出ているような痛さを感じた。

洋介山は、ボクシングからの転向を本気で考えているのだろうか…?

まるで歌も踊りもロクに稽古しないでミュージカルに出てしまった、ストレートプレイの俳優のようだ。

しかもパンチが当たらず、自虐的なパフォーマンスを繰り返すのも舞台上で観客に逆切れしてるようで切ない…。


「レスラー」の公開中に、僕にとってはタイガーマスク、三沢光晴さんがリングで事故死した。

もし、主人公ランディが、スター選手のうちに団体を立ち上げたらと考えたりした。

でもランディはレスラーバカ。

ファイターは肉体労働者。

役者以上につぶしがきかない。

やれるうちにやれることを、と思った。
posted by たいき at 18:41| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31376498

この記事へのトラックバック

ドラゴンクエスト9ドラクエ\完全攻略クエスト最強錬金レシピコードフリーク
Excerpt: 追加ストーリークエスト配信!最強防具最強武器錬金レシピ 経験値 9999999、HP・MP回復、会心の一撃、小さなメダル999個、所持金999999G
Weblog: ドラゴンクエスト9ドラクエ\完全攻略クエスト最強錬金レシピコードフリーク
Tracked: 2009-08-19 09:30

新型インフル
Excerpt: 新型インフルエンザ
Weblog: 新型インフル
Tracked: 2009-08-19 23:25

地デジ
Excerpt: 地デジに変えると、今までにはない機能がたくさんあります。地デジによって、生活がどのように変わるのかを紹介するブログです。
Weblog: 地デジ
Tracked: 2009-08-28 11:22

トマト祭りトマティーナでエロハプニング続出
Excerpt: 毎年恒例のトマト祭り「トマティーナ」のすさまじくエロい光景!これは戦場だ(笑)
Weblog: もはや戦場!スペインのトマト祭!やばすぎ!
Tracked: 2010-09-26 06:24