2008年02月24日

キツイ日。

某社が主催するお医者さんのイベントのお仕事も、今日が最終日。

終わった後は、打ち上げも兼ねて懇親会があるとか。

会場の某ホテルの料理とお酒、楽しみだなぁグフフ・・・とか思ってたらなんと!!

現場のハネた、


夜の9時からオーディション。


げえっす!!

そんなご無体な!!!


さらに直前に、長台詞のスクリプトがうちにFAXで届く。

こ、これ、全部覚えて行くの?!

しかも商品の紹介&説明台詞で覚えづれー!!


・・・立てこむ時とはこうしたもので、いやー台詞、入らなかった〜。

幸い、オーディションに使われたのは、台詞の冒頭だけ、そして座ったまんまで良かった(立って芝居すると、台詞が抜けやすい)ので、なんとか事なきを得たが、も〜オーディション会場に着いた時はヘトヘトでした。

しかも昨日の夜から根つめて台詞を覚えてたから、口の筋肉が疲れたか、言える台詞まで言えなくなったり・・・。

こういう土壇場の時、人は試されますな。


イベントのお仕事の方は上々で、客席から笑いも起きました。

いや〜、このイベント、と言うかお医者さんのシンポジウム、横浜で開業している某M先生がメインなのだが、司会こそ某女子アナさんがやっているけど、一人で進行、各パート先生への質疑応答、そして症例寸劇とほとんどM先生の座長公演。

それでいてお芝居が大好きらしく(お芝居好きの横浜開業医って、身元が割れちゃうな)、寸劇パートの時はアドリブなんかも入れてくる芸達者ぶり。

正直、やってて楽しい仕事でした。

山本さん、ありがとうございます!


しかし俺の役の年齢がまさかの42歳、患者役!

M先生はそのまんま自分自身の役だったので、役づくりいらずのリアルお医者様・・・。

それでお芝居も自然なんだから、ハハハ、32歳演じる糖尿病の42歳患者、敵う訳無し。

今度は若い役で絡むたいところですが、ひょっとして


俺はもうオッサンキャラなのか?!
posted by たいき at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11348493

この記事へのトラックバック