2016年12月31日

大晦日!

いよいよ今年も終わり。
「クリスマス・キャロル」も無事に終わり、恥ずかしながらようやく気力体力が回復した感じ。
一回り以上年の離れた共演者達(子役含む)、子役がダブルキャストなので大人は稽古も場当たりとリハも二倍!
…の割には稽古を二倍積んでも、本番でちょこちょこ間違うダンス…。(涙)
色んな意味で齢を意識した公演でした。

個人的には、当初一人で不安視していた昨年末に激しく痛めてしまった左膝靭帯が、公演最後まで問題無く稼働してくれたのが良かったです。
今だ長くは正座ができないですが、僕の膝は回復していってるんだ!(喜)

そして精神的には、いつも大変な公演の後は躁状態から途端に鬱になるようにガス欠をおこすのだが、もうそんな事は言っていられない歳。
正直これが一番辛い。
身体もさることながら、なんとか頭を現実に戻し、様々な事に対応する。
いや、しようとするが、フラフラする。
悪夢も見る。
前にも書いたことがあるように、自分は稽古中、公演中は、いわゆる台詞を忘れる等の役者の悪夢≠ヘ見ない。
必ず千穐楽の後に見る。
これが結構辛い内容で、気持ちが落ちこんだりもする。
最近はきっと心がチューニングしてるんだと割り切るようにしてる。

さあ、今年もカウントダウン。
今年は「クリスマス・キャロル」まで春の「楽屋」の演出、6月の「バッファローの月」と急に参加が決まって、自分発信のもの、特に劇作をやらなかった。
来年はやらないとなぁ、でも大変だなぁ、と思っているところ。
ともかく、来年も前進あるのみ!
posted by たいき at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記